3月 12 2021

ことしは・・・

P_20210222_120312

二月の終りにやっと犬暦ができて、漸く上野(早咲きの桜が満開の二月)の辨天堂に初詣に行って来た。鬼当たるおみくじには《自分から進んでは何もしないで!》とある。ことしはMeRが40周年だから、新刊出したりコミケ(18年ぶりにMeRとして)に出たりしようとか想ってたりしたのだけれど…《無理してそんなことをすると大変なことになるから慎みなさい》って×××確かに、我が家は去年からのコロナ禍で甚だしく財政難だ(´;ω;`)借金も抱えた。諦めた方が得策だ。ことしも当たってるなーーー!!!末吉で、8割悪い。やってもいいのは、南に行く(旅行はNG!)のと学問のみ。行くのはバイト(ウチからは少し南?殆ど西か…amazonなら南だな。出戻る?)だけ、あとは家で勉強だ。ま、普段とあんまり変わらんね(;´∀`)

三月に入ったら花粉が物凄くてダメダメの日々。スーパーに買い物に行ってもいちばん要るものを買い忘れる。ガスコンロは点けっぱなし…兎に角、毎日ボーーーとしている。主治医にお薬だしてもらってからは少々落ち着いてるけど、昨日今日は薬も効かない花粉の多さ(>_<)とてもじゃないけど、自分から進んで何かしようなどとは想わないし、できない。
こんな感じで2021年は終わってしまうのかも知れない。新春初映画も新春初麻雀(大会は開催されてるけど、老母がいるので自粛中。)もまだだが!

えーーっと、犬暦2021に訂正箇所を見つけてしまいました(;´Д`)お手持ちの犬暦の12月に赤ペンでちょこっと書き加えておいてください。と、もう三月ですがほしいひとはご一報を。
P_20210308_152727


1月 31 2021

あーあ・・・(´-ω-`)

P_20210131_160523

1月が終わってしまうのに、まだことしの犬暦ができてない!!
原因は明らか。年々遅くなるのも最早仕方がない。(年内は忙しい!正月休みがない!年が明けてしまうとテンションが劇的に下がる!等々。云い訳はいくらでもあるけど、もう云わない。)
ともあれ、目の前に掛けてある犬暦が2020のままでは不便(すぐ横に古知屋さんの2021カレンダーが掛けてあるのに2020年12月の犬暦の方を見てしまう…)なので一日も早く2021版をお届けできるよう只管がんばります(;´∀`)


1月 27 2021

虹色シネマ丼*特盛!

犬暦ができてから書こうと想ってたら、今朝『鵞鳥湖~』の胡歌(フー・ゴー)が夢に出てきてしまった(催促?なぜか教室。同級生?)ので先に書く(;´∀`)駆け足で6本分!

 

思い出だけは愛おしい

南方車站的聚会(邦題:鵞鳥湖の夜)』
刁 亦男(ディアオ・イーナン)監督(2019年 中国/フランス)

『薄氷の殺人』(2014)の監督の新作ならば兎に角見ないと!
あー、またしても暴力シーンが怖い。『帰れない二人』(2018賈樟柯監督)に友情出演していた刁 亦男監督のイメージからは想像し難い。とは云え、前作とは違って今回は暴力の合間の出来事の数々が頗る愛おしい。初対面なのに昔からの知り合いのような男女が醸し出す空気、洋服ダンスから登場する男の妻、鵞鳥湖周辺の店から聞こえてくる誰かがカラオケで歌ってる『甜蜜蜜』、大急ぎの最後の晩餐(牛肉麺)、結果オーライのラストシーンなどを思い出すと満腹幸福(赤)の映画なのよねぇ***
[2020.11.5 キネマ旬報シアターにて]
色玉《橙》激ウマ!


初めてのなつかしい風景

『路野餐(邦題:凱里ブルース)』
赣(ビー・ガン)監督(2015年 中国)

夜勤明けの昼からの回。惹かれたのは二本立てのもう一本『地球最后的夜晚』を見た坂本(龍一)さんのコメントが音楽担当の林強(リン・チャン)を褒めていたからだけど、この同じ監督の長編デビュー作も林強だからどうしても見たかった、夜勤明けでも。
そんなわけで、いつもよりも余計に耳をワクワクさせて見始めたのだが釘付けにされたのは目だった。総てのシーン、どこを切り取っても一枚の絵にできそうな画の連続。計算ずくでないと撮れないような画の連続。得てしてかつて見たそう云う映画はつまらなくて眠ってしまうのだけれど、主人公のおじさんは甥を追っている間に異世界へ…まったく目が離せない。林強の音楽は心地よく画に馴染み、唐突に聞こえてきて吃驚したのは(中島)みゆきさんの曲だった!みゆきさんの歌を任賢齊(リッチー・レン)がカヴァーした「幸せ」をライヴ会場で誰かが歌ってる!いやはやー!あたしが見てよかった。『縁』とか見てる場合じゃないよ、みゆきさんファンは。エンドクレジットにはしっかり「中島美雪」って。
そして、『地球最后的夜晚』に続く***
色玉《赤》満腹幸福

更にあたしの好きなもの

地球最后的夜晚(邦題:ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ)』
(ビー・ガン)監督(2018年 中国/フランス)

さいしょから最後まで枠を黒色でしっかり固めた『路边野餐』の次の今作は色彩を解放しまくりで。でも、夜。
緑の本、緑のドレス。緑はそこだけに。そしてまた、こんどは唐突に音が鳴る機器からの中島みゆき♪しっかりご本人の歌声で。監督はみゆきさんのファンだね?!今作のヒロイン(湯唯タン・ウェイ)はみゆきさん似だし(『ラスト、コーション』、『捜査官X』を経て、みゆきさんに似てきた気がする(*´ω`*)かわいい…)。
そして、この作品。あたしの好きなものも詰まってる。後半はほぼほぼテント芝居の雰囲気を醸し出している。夜のテント芝居。節目節目に流れる林強の音楽で贅沢なテント芝居♪みゆきさんの歌は劇中にも流れます。
終盤の60分が3Dになる作品だけれど、見に行ったのは2D上映。片目見えなくて3Dがわからない私には好都合。そんな中、上映中に震度3ほどの地震が…丁度、前半の《家を廻す呪文》をかけたシーンだったので揺れて臨場感!満員(30数名で)の映画館で誰も騒がず、一旦止めることもなく安堵。思いがけぬ4D。
最後にもう一度《家を廻す呪文》がかけられたから覚えよう!と想ったんだけど、長すぎたよ…(´;ω;`)詩だもの!

2019年のmyBest 1映画は『象は静かに座っている』(2018年 中国 胡波(フー・ボー)監督)だった。楊徳昌(エドワード・ヤン)監督(台湾だけど。)亡き後、久しく起こってなかったドキドキが帰ってきた。近年の中国映画がすごい!胡波監督(故人)の新作が見られない分、赣監督にワクワクする***
色玉《赤》満腹幸福
[2020.11.22 キネカ大森にて(二本立て)]


古き悪しき…でも刺激的な香港!を体験

『追龍』(邦題:表記は同じで「ついりゅう」と読ませる。聞いても意味がわからないから「ツォイロン」でええやん!)
王晶(バリー・ウォン)監督/關智耀(ジェイソン・クワン)監督(2017年 中国/香港)

劉徳華(アンディ・ラウ)と甄子丹(ドニー・イェン)が初共演!?確かに一度もふたりがいっしょの映画を見たことがなかった。しかしまぁ、同郷の設定(実話)を超える程お互いに掛け替えのない存在だったことがよーく描かれていて、黒社会の話(基本嫌い。)なのにじんとする。九龍城砦(行きたかった…)や啓徳空港を行き来する建物の屋根スレスレに飛んでる飛行機(これはギリ実際に見に行けた!)の再現がうれしかった(´;ω;`)
監督の二本立てをがんばって見に行ったら、見逃して地団太踏んでたこの映画の予告に会えた!謝謝、キネカ大森!新橋文化劇場が閉館してから、こんな二本立ては諦めてたよー(´;ω;`)もう一本に続く↓
色玉《橙》激ウマ!



えっ?えっ?えーーーーーーーっっっ!!!!!

無雙(邦題:プロジェクト・グーテンベルク贋札王)』
莊文強(フェリックス・チョン)監督(2018年 香港/中国)

周潤發(チョウ・ユンファ)と郭富城(アーロン・クォック)が共演。こちらもお初?両名とも執拗に追ってないからわからないけど、恐ろしい共演になった。最後まで見てしまうと何も云えないから、何も書けない…(;´∀`)アーロン、『九龍猟奇殺人事件』(2015)の刑事役の風体やったからさぁ~

『追龍』にちょこっと出てたキンさん(曾江ケネス・ツァンin『男たちの挽歌』)はすっかりおじいさんになってたけど、周潤發は全然変わってない!今作につまらなーい役で出てた高捷(ガオ・ジェ)は丸っこいおっちゃんになっててプチショックやったけど、周潤發は全然変わってない!そんな驚きを超える驚きをどうかご覧になって体験してください!
色玉《橙》激ウマ!
[2020.12.10 キネカ大森にて(二本立て)]

 

リスペクトが強過ぎるよー

『羅小黒戦記』
MTJJ木頭監督(2019年 中国)

初めて香港に行った時(一応、仕事で)に現地の出版社を訪問した。香港でも『ドラゴンボール』の全盛期で、鳥山明先生は神様だった。その頃、子供だった人々が制作したのかと想った。『ドラゴンボール』へのリスペクトが強過ぎないか?なので、面白かったけど諸々似過ぎてて困ってしまった。最後に小黒のしっぽがなくなってるのも見逃せない。そこまでやる?
とは云え、小黒と無限の旅の続きは見てみたいな。完全オリジナルで!(既にキャラがアレだけど…)
色玉は付けられないので《無色》
[2020.12.9 TOHOシネマズ上野にて]

で、本日これまで!
2021年1月27日記
虹色シネマ丼

 


1月 17 2021

2021、牛歩。

とっくに明けてます。
0655と2355の年越し番組とジャニーズのカウントダウン番組を見てからおせち料理を作り始めたので結局朝方まで作って、仮眠して起きてまた作って、夕方に妹夫婦が来る前にまた作って…お仕舞い!年内に作っておいて元旦にゆっくりする為のおせちなのでは?と想いつつも、出来立ての方がぜったい美味しいから臨機応変に。病気になる前(6年前)までは毎年母が作ってくれてたけど、去年は妹が作ってくれたけど年末に引っ越しが決まってNGになったので私が。新年早々くたびれたけど、よろこんでいただけたので報われました(*´ω`*)
徒歩2分の帝釈天にはこんな時でも初詣の人々が押し寄せて、怖くて近寄りたくない。しかし、そこを通らねば買い物に行けないから仕方なく通った。めっさ迂回すれば通らなくても行けるけど、嫌だし!
年が明けてから始めた年賀状制作に10日もかかってしまった(;´Д`)犬暦はこれから、〆切仕事が終わってから。一体いつできるんやろ(?_?)

で、年賀状でシネ丼の色玉を使ったんやけど、赤と橙色の見分けが難しい仕上がりになってしまってて…どっちでもええことではあるけれど、区別はあるから。一応、満腹至福の赤玉は『ロングデイズ・ジャーニー』と『凱里ブルース』と『リチャード・ジュエル』と『THE DEAD DON’T DIE』の4本です。橙色と黄色も区別つき難いね(;´∀`)許せよ…
パズル(迷路)自体は頗る簡単なので解答は省略します。どうしてもわからないときはDMで訊いてくださいな。

まー、そんな感じで2021始まってます。いろいろ新年っぽいことは春節の2月12日にやりましょう***


10月 11 2020

秋便り

やる気のない日々は続く。
それでも落語はなるたけ聞きにゆく。
P_20200920_164145
九月の天どんくんの池袋中トリ夜はチケットをいただいていたのでがんばって二度行った。多謝。
コロナ対策で39人しか入れない現状(先月の)の悲喜こもごも。チケットをくださったお友だちは2回も定員オーバーで入れなかった!空いてる日もあった(1日だけ?)のに…。落語を聞いているときは面倒なことは忘れている。でも、大概ねむい。心身ともに疲弊してるな。

夜遅くまで…と云うか朝方まで毎日だらだら起きている。だらだらPCを見てる。そんな中、朝倉世界一の本に行き当たった。常の貧乏多忙で新刊チェクもすっかり忘れてた!(10数年も!)見つけたら読みたい!
P_20200920_111115
だのに、1巻と3巻しか紙の本では買えない。2巻と4巻は電子書籍か古本を探すかだ(;´Д`)電子書籍には到底馴染めず考えられないので、古本を探した。まー、netだからすぐに見つかったが…
4巻がこんなことに!サイン入りと云う旨は書かれてなかった。
P_20200930_174858
伏せてるところは「つ」ではないので、あたしじゃないのよ。サインをもらう時は「はちまき」と書いてもらってるし。そして、この漫画にこんな子は出てこないので「こま〇さん」の似顔絵だと思われる。この本は大事なものではないの?なにかの間違いでウチに来てしまったんじゃないの?こんな素敵な漫画にサインをもらうひとが手放すとは思えないのだが(ご存命なら)…いつでもお返しするのでご一報を!

映画は相変わらず全然見に行けない。「後で」が可能だとなかなか(;´Д`)それでも辛うじて『その手に触れるまで』は見た。『ロゼッタ』を思い出す冒頭、ダルデンヌ兄弟の映画です。
毎度おなじみの視線、主人公を執拗に追い続ける。こちらは主人公から目が離せない。今回は宗教が大きく絡んでくるので理不尽は仕方なくても、ラストに「神様はいるっっ!!!」と安堵した。(ネタバレ?こんなんじゃわかんないよね?)
帰りに7か月ぶりに外食した。夕方だったからお客さんはウチらと、あとひとりだけ。安心。
P_20200916_180440
シンプルだけど美味しい水餃子定食(*´ω`*)しやわせ♪
母にはお弁当を買って帰った。

コロナ禍は殆ど関係ない不自由な生活は続く。そろそろ慣れないと爆発するぞ(-_-;)ほぼ連日キレてて小分けには爆発してるけどさ(それで躰が壊れるんよ…´;ω;`)。助言はすべて脳内改革ばかり。変えれたら泣かへんわ・・・あーあ。

 


8月 31 2020

2015年の8月

2020はどこにも行かない八月。
5日間のバイトとお盆寄席の1日だけ電車に乗った。
だからなのか?一日が矢のように過ぎてゆく。
殆ど眠らないのに短い一日!!

そんなわけで、2015年に書きかけだった南インド旅行の4日め(8月18日)からを端折って書きます。
コチのSONETTA(泊ってた宿)での初めての朝食。起きてきた順で他のお客さんとテーブルを囲んでいただく。
イタリア人のカップルと同席だった。おんなの人の方が頗る話したそうにしてたので思い切って声をかけた。英語で。そこに住んでる人も旅人も英語がネイティブなわけじゃないから少し話し易い。英会話なんて殆どできないけど、それしか使えないとなると話せるものだな。不思議。
食後にすぐ近くの浜辺にまた行った。朝はそこで獲った魚を道端で売っている。
そこには勿論猫がいる。

IMG_20150818_111646

IMG_20150818_111651

IMG_20150818_111657ずっと見られてる!

そこから少し遠くのマッタンチェリと云う町までゆきビールを買うと云う。お酒はこっそりしか買えない模様。
ついでに近くの博物館のようなところを見学。展示してあるタペストリーの中に父にそっくりな人物を見つけて驚いた。こんなところで!
IMG_20150818_153024
博物館の裏っ手で。庭?

帰りはオートリクシャーでコチに戻って、カタカリダンスを見に行った。
IMG_20150818_152855
同宿のイタリア人カップルも来てた。香港から一人旅の女子とはここで初めて会ったんだっけ?
そこにはおそらく観光客しか来ない。
IMG_20150818_224141
夜は軽食が日常に。

5日め。唯一の私の希望(他は全部ダ~リンにおまかせ。)トリチュールの動物園に向かう。
列車のチケットは予め指定席を買ってある。然し、乗る筈の列車がない!散々探した後、駅員さんに尋ねたら乗るのは一駅先からだよとニコニコして云う。えー!時間ないやん!
IMG_20150819_124953
慌ててそこから一駅乗って間に合ったのは時間通りに発車しないのが常識だった(?)からでしょう。

動物園だけど、ゾウもライオンもいない。インドはそうなの?
ワニとヒョウとサルとクジャク…そしてヘビ館(小屋?)があった。
IMG_20150819_155630
ヘビが嫌いなわけじゃないけど、特に見たいわけでもないから日本では殆ど入ることがない。でも、他に見るものもないし入った!ちょっとちょっと!!!キングコブラ!!めちゃめちゃ美しいやん!!!金ピカよ!いや~ん、見れてよかったわぁ~~(*´▽`*)

そんなわけで、動物園での滞在時間が異常に短かったので映画を見ることにした。歩いてるのが暑過ぎたし。
映画のチケットを買うのに並んでたら後ろのおばさんに「ここは映画のチケットを買うのに並んでる列だけど…(英語で)」と云われた。うーん?不審だったのかな?並びながらケータイでゲームしてるひとは他にはいなかったな(;´∀`)映画館に入ったらクーラーで激寒む!そして、映画は面白そうではあったが聞こえてくるのは現地の言葉で字幕も英語じゃなかったのでイマイチ楽しめず、休憩の時間に退散した。見たかったがなー(結局、その後も日本で公開されることもない作品だった。残念。)

そうそう、駅の待合室でもおばさんに後ろから声かけられた。その時は、待合室の入口で呼んでるひとがいるけど私ではないか?と。駅の待合室は男女別々だったので、コーヒーを買って持ってきてくれてたダ~リンが入口から呼んでいたのでした。(その時はゲームをしてたんじゃなく、絵を描いてたんだよー)
車窓からの景色は夕刻のそれ。
IMG_20150819_221701
列車でコチに戻ったら、また軽食。朝も昼もしっかり食べ過ぎてるので!

6日め。お土産を買ったりしながらコチでのんびり。
IMG_20150820_134455
ひとりだけで町に出たのはこの日だったかな?違う気もする。
アジアではあるが東洋人は珍しいのか独りだとめちゃめちゃ男の人に話しかけられた。「我愛你」「사랑해요」「あいしてます」といっぺんに(;´∀`)正解は日本人です。ついでに見た目よりずっとおばはんやで…(´;ω;`)
英語にも慣れた頃にお別れです。
最後にサンセットビーチを!夕方にお天気が崩れることが多かったからラストチャンス!
IMG_20150820_220331

IMG_20150820_222032
IMG_20150820_222846
やったー!見れた~(*´▽`*)キレイー
IMG_20150820_225049
海辺の街灯の下で爆睡中の犬。南インドの犬は大概死んだように寝てる。暑いから?
そして、夜は軽食。
IMG_20150820_155601
これは昼に食べたやつやけど、つまようじがすごい!なんで?コロナ以前ヨ!

7日目。早朝タクシーで空港に。
デリーで乗り換え。結構時間があったので地下鉄でニューデリーに行ってみることに。しかし、地下鉄に乗るだけやのに入口で男女別れて身体検査。テロ対策半端ない!女の警備のひとに上からパンパンと触られる。ポケットに何かある!「え?」険しい顔されて恐る恐る出したら消しゴムで、ふたりで笑った。移動の待ち時間にも絵を描いてたから無意識にポケットに入れたんやね。
IMG_20150821_161056
ニューデリーは南インドとは全く違って、人だらけ!!
そして、臭い!新宿もそうだが、首都はおしっこ臭いんだ、きっと!(偏見)
折角寄ったが45分の滞在で空港に戻った。
IMG_20150822_063850
そして、空からは雲しか見えない…

強行の旅やった。
めっさ同人誌制作のシュラバ中で行きたくはなかった。
がしかし、行ってわかった!
ダ~リンが連れて行きたがったワケが。
何度も行ってしまうワケが。
そうでなければ行くこともなかったね、
連れて行ってくれてありがとう***

2020も年末年始に行ってたけど、ほんとうに行っといてよかったね(;´∀`)
インドのコロナ禍はかなり深刻。
どうかどうかご無事で。
また会いましょう。


7月 12 2020

読み終えて、

P_20200711_140651

見上げると驍宗様。そんな仕事場で昨日の夜明けに『白銀の墟 玄の月』を漸く読み終えた。
去年10月待望の発売日に台風が来て翌日手に入れるも以降まったく読む暇なく、読み始めても二巻を落としてしまうわ、なんやかんやで物語の内容とシンクロするように次々と問題が発生して読み終われなかった。
「十二国記」でいちばん好きな登場人物が戴国の王・驍宗様なので、死んでるかも?の行方不明のまま18年も(私は2004年にイッキ読みしたから15年だけど)待ち続け、遂に新刊の発売が決まり「舞台は戴国!」に当然と想いつつ狂喜したのにさ!更に半年以上も会えずに気を揉んだ。
ネタバレになるだろうか?ぜったいに死んでるとは想わなかったから(きっと誰も)「生かされている」の件に畏れ多くも大いに共感。死んでしまいたかった20歳頃からなんやかんや阻止され続けて生かされてるから。
終盤、驍宗様に云ってほしかった科白が漸く泰麒に(*´ω`*)やっと。これを読む為に生かされていたのもあるだろう。神様ありがとう***
今作でもよーさん「睨めつける」でてきたなー!《小野不由美読んでる!感》が堪らんわ♪
当然、小野不由美さんと山田章博さんに多謝!!!!!!


7月 7 2020

七夕は概ね雨。

一年に一度でも会えたらいいじゃないか!

さて、5月半ばから6月下旬まで行くとこなくなったから夜勤バイトの繁忙期に結構みっちり出てました。
10分くらいでも電車(夜勤だから空いてる。日勤だったら行かない!)に乗れるのがうれしかったり、会社のひとたちと話すのが楽しかったり、当たり前だったことの有難さをしみじみ。連日の立ち仕事は大変だったけれど…象足未だ解消できず(;´∀`)むくみとれないよー

繁忙期が終わって、〆切仕事やっつけて、天どんくんの末廣亭夜トリ楽日にやっと行った。もう後がないから、めっさ眠かったけど仕方なく。翁家社中と天どんくん以外は見事に眠ってしまってた(´;ω;`)
P_20200630_182132P_20200708_124748
末廣亭で末廣亭が舞台の新作落語(ことし2月に根多下ろししたやつ)が聞けてラッキー☆彡なかなかの臨場感?帰りにチーム天どん(仮)女子に会い、彼女の手作り護符を貰った。すごいね!時々、こんな天どんくんGOODSを作ってくれるんだよー。毎度素晴らしい♪マメだねー

6月に入って、ぼちぼち生落語が聞きに行けるようになった。有料ネット配信落語も各々工夫があって楽しかったけれど、やはり生が好い。とは云え、九州とか北海道とか、遠くでやってる落語会の配信はうれしかった!逆も然りで、普段近くで落語会をやらない地方のひとには有難いだろうね。コロナ禍で発覚したことが沢山ある。災害毎にあたらしい何かが見つかる。災害はほんとうに悲惨なのだけれど、それがないとわからないことがある…

繁忙期の間にサボテンのカクちゃんたちががんばってた。
P_20200618_104753
左:カクちゃん、蕾が3つ。右:小カクちゃん、蕾がひとつ。手前:孫カクちゃん。
どちらの蕾も第2弾。第1弾は5月30日に開花済み。これは6月18日の様子。
P_20200622_182032P_20200622_195439
6月22日の夕方から開き始めて、夜勤に出掛ける直前に開花。
翌朝に無理くり記念撮影(;´∀`)みんなキレイね♪
P_20200623_075628
蕾をいっぺんにみっつも咲かせてだいじょうぶかなぁ?なんて心配は無用だった。カクちゃんも成長したんだね(´;ω;`)うるる

映画館も解禁になったから『デッド・ドント・ダイ THE DEAD DON’T DIE』を漸く見に行った!
タイトルどう云う意味?《死者は死なない》って、訳されてた。そうか!
やっぱし怖いけど、めっさかわいいゾンビ映画だった(*´▽`*) フラー先生のお墓はあったけど、ゾンビになったご本人は見つけられず(;´Д`)いたの?また見るね!

そんなこんなで、一か月半読めなかった本、漫画、見れなかった録画したやつを見まくってます(;´∀`)全然追いつかない!!


5月 24 2020

月下美人

P_20200521_224809
咲きました。月下ではなく21日の昼に。
これは晩になってから撮ったやつ。
先週はずっと悪天候で月下には恵まれなかったけれど、月下美人は月下美人。
こっちは去年伸び過ぎた葉が邪魔で切ったのを空いた鉢に刺した方。

P_20200522_130214
6時間くらい遅れてもうひとつも咲いた。
こっちは2011年に買い求めた株の方。先のよりひと廻り大きい!
色も少し黄色っぽい。
P_20200522_130231
可憐やわ。
大きいけど可憐やわ。
幽かに香る好い匂い。

9年も咲かなかった。
どうして咲かないのかわからず放置してあったし、
もう花は咲かないものと想ってた。
どうして咲いたんやろ?
咲いてくれてありがとう(*´ω`*)