3月 3 2013

三月の災難と果報。

漫画

三月になった途端に春一番が吹き、花粉がどばっっと飛んできて絶不調。涙と鼻水が止まらない(;_;)しかもその晩は異常に暖かく、夏の匂いがしっかりして絶望的な心持ちに・・・まー、翌日の強風は先月までと同じ愛しのつめたい風でホッとしたけれど、その風で通りすがりに入ろうとしたモスバーガーの入り口ドアの大きな1枚ガラスが派手に割れてた。粉々にならないガラスなんだね…割れてるトコ初めて見たからさー(^ェ^;)洟垂らしながらも出掛けたのは、正月も訪ねた森下文化センター。今日まで『おおやちきの世界展』を開催中!!!前回の順様のとはまた別の想いが募る。徹頭徹尾手を抜かない圧倒的な画力は両先生とも同じなんだけど、醸し出す雰囲気はまるっと違う。今回訪れて初めて気付いたけれど、『りぼん』で描いていらしたのは三年くらいで、その後はイラストがメインで殆ど漫画を描いていなくて…通りでウチにも単行本が2冊しかない。でもその漫画がずっと忘れない掛け替えのない漫画で…1973年の夏から『りぼん』を購読している(忘れられないのは、目の手術で入院するときに気の毒がった母《←教育ママだからね。復活したシネ丼参照》が「何か漫画を買ってもいいから…」と、買ってくれた『りぼん』だから。1冊読んでしまったら、止められる訳もなく以後読み続けることになって、大矢ちき先生と弓月光先生の漫画にメロメロになった子供だったの。弓月先生には『出発シンコー』以降はついてゆけなくなったけれど…それ迄のは、ちき先生の漫画同様溺愛ヨ♪)から、その三年に『りぼん』を買ってたのは頗る幸運☆彡でも、展示してあった付録にまったく覚えがない(>_<)どうしてだろう?ウチにあるのは、展示してなかったこれ(封筒セット)とジグソーパズル(実家にある)だけ!ま、いいやっ!『おじゃまさんリュリュ』をはじめ、愛すべき漫画に出会えて、ずっと想ってること…これが大事さっ***長らく単行本になってなかった『回転木馬』が一昨年刊行されていたことを、ちっとも知らなくて(迂闊と云うか、余裕なくてー)会場で嬉々と購入したらば、直筆で素敵なお言葉とサインがーーーっっっ(´;ω;`)きゃーーっっ(≧▽≦)ノ” ***当時を思うといろんな想いが去来しますよ。そんな頃からの積み重ね。もう、変わらないだろうなぁ。ロン毛(が似合う男)好きとか・・・さっ♪
前回行った時に前を通ったシャッターの絵が素敵なお店。帰りに撮ろうと想ったら、長居してしまって開店してて(Bar)撮れなかったのを、ちゃんと行きがけに撮った♪かわいい。
森下からひと駅分くらい歩いて、割れガラスのお店で休んで、水天宮前の居酒屋で落語会。会の主催者の希望だそうで寒風吹きすさぶ中(ま、室内は暖かいよ)の「牡丹灯籠」!続きは次回の6月だって。いやー、洟垂らしつつ、薬服用しつつの身にはキビシかったけど、面白い会やったね♪ちょっと寝てしもたかも?ごめんやで(;´д`)

三月朔日の陽気で菜の花の蕾が急にふくらんだ!左に見えてる八重咲き水仙も前日よりは明らかに伸びてる!!毎日見てないと判らない変化だけど〜

さてと、ちらし寿司とお吸い物を作ろう〜っと。


5月 25 2012

GENGAっっっ!!!

活着 漫画

はい、あの、仕事山積みで大変です…(;´д`)でも、この催しは完全予約制だったのだわ。ずっと前から予約してあった「大友克洋GENGA展」。『AKIRA』の生原稿が全部(!)見れる(確かにほぼ全部だったけど、見れないって!奥のやつ&下のやつ〜!!)+4cイラスト原画+他の漫画の原稿多数展示!と云われたら、暫し大友さん離れ(映画とかアニメとかの大友さんには付いてゆけなかった…白と黒の大友さんを愛す。)していた私でも、そら行くでしょうよ。はちまきだし。大友さんの原画が見れる催しにゆくのは今回が3度目だったけど、はちまき(『気分はもう戦争』の原稿)が見れたのは初めてかも?うらぁ〜〜い(≧▽≦)ノ” 『KABA2』を買ってないから、えらいカッコイイ鉄男のイラスト(『AKIRA』のDVDのケースのイラストだっけ?買うわけないし。)があったけど見覚えがなくて…鉄男をカッコイイ!と想ったのは今日が初めてで。この絵が欲しくて『KABA2』(6825円ナリ)を買おうと想ったのだが耐えた。今月はお金を遣い過ぎだよぅー(>_<)さいしょの『KABA』も誰かに貸したまま返ってきてなくて、ウチにないし。どっちかだけとかがウチにあるのは嫌だし。
殆どが見慣れた、懐かしい…と想ってしまう作品の展示でした。(くどいようだが、暫く離れていたからね!落語を聞きにゆくようになってから、以前より理解できるかも?と想われる『つやのあとさき』を読みたい!と想ってたけれど、未だ読めず。)死んでしまったあのひとも見たかっただろうなぁ…と想い、勝手に彼の分まで余計にじっくり見ましたよ。不透明水彩絵の具はもう20年以上使ってないけど、大友さんの絵を見てると「やっぱりいいなぁ〜、今度使ってみよう!」とか想ったり。
あのひとに初めて会ったのは二十歳の時の正月だったか。大友克洋ファンクラブの交流会(?)in関西で。彼は幹事をやっていて、勿論当時から方向音痴の私は会場に辿りつけず、彼に迎えに来てもらって…でも、その前に既に会っていた!と云うか、同じ場所にいた。高3の時にヤンマガ主催の大友さんの初監督映画『じゆうを我等に』の上映会(in大阪)に当たって見に行った。上映後にサプライズ!で大友さんが登場してお開きに。その直後に慇懃無礼な男の子たちが大友さんを囲んでサインをもらったりしていたのを見て羨ましいと想いつつも内気な私は会場を出たんだけど、その慇懃無礼の中にあのひとがいた(本人談)。私、あなたのこと恨めしそうに見てたわよ!でも、速攻凄く悩んで決意して会場に引き返したの…もしか、まだ大友さんがいたら弟子入りしようって。いやぁ、いなかったね!誰も。片付けやってたよ、会場の。ふふっ(^ェ^;)思い出話を書いてたら泣いちゃいそうなので、このくらいに・・・

大友さんの後も前々から予約してあった落語会に。ふふ〜、楽しかったよぅ〜♪いっぱい笑ったよ。暫し先の次の落語会までの笑い貯め?

金田のバイクは撮影OKだった。乗ってみた(≧▽≦)ノ” 金田のジャケットまで着て、はしゃぎ過ぎのおばはんね。『AKIRA』の生原稿をイッキに見て(制限時間が2時間半では足りなかった!!)すっごく読みたくなってしまったんだけど…どこにあるんだろう?ま、これもあおあずけねっ!!あっ!今、ありそうな場所を思い出したけど、その本棚の前に家人が荷物を積んでしまってるぅぅ〜(>_<)

 


2月 5 2011

GO wait GO

動物 漫画

二月です。春節は一昨日だったけれどバイトが入っていて、日勤(12時→21時)になったので夕飯が作れず、餃子は一日遅れの昨日にしっかり作って食べましたよ。デザートも中華の豆腐花にして♪

で、ことしの抱負(改)は、なんやもう、どうでもよくなってしまったので、何気なく年賀状に書いた(毎年だいたい、目標や意気込みを書くようにしています)『GO wait  GO』(行け、待て、行け)でいいです(^ェ^;)映画『アカルイミライ』から引用したの。ま、どんな状況であろうと生きてるから進むしかないけど、ま、時々止まって待ってみて、誰か来たらいっしょに行ったらええし、来なくてもまたひとりで行けばいい…みたいな気持ちで書きましたよ。ま、ぼちぼち行きましょう。

さて、先だって、樹村先生に新刊をいただきました。読んでいたら、のっけから泣けてしまって以降ずっと泣き乍ら読んでしまうことになりましたが…。犬好きにも共有できるところが殆どで、小さな愛すべきものと暮らしたことがあるひとには読んでほしいと想いました。猫好きの友だち皆に贈りたい!と想ったんだけど、ちょっと多過ぎるので(^ェ^;)各々でお買い求めくださいませ。『愛ちゃんを捜して』樹村みのり著・朝日新聞出版から出ています。樹村先生の描かれる猫ちゃんは本物のあのやらか〜〜い「ふにゃふにゃ感」がしっかり伝わってくるのでうれしいですよ♪そうそう、この漫画の中でも記されていた「ペットロス」と云うのが、私にはまるでないんです。そりゃあ、チロが死んだ時のこと(実家には一年に一週間もいないのに、私が実家にいる時に死にました。)を思い出せば今でもいつでも号泣できるし、いっしょに散歩も行けないし、ふかふかにも触れないけど、チロと過ごせたしあわせな日々への感謝の方が圧倒的に大きいし、なにより、いっつも近くにいてくれてる気がするから平気やの。いっつもチロといっしょやねん***

先月の夜勤の最終日に「最後の晩餐」のような1時間休憩を過ごしましたよ。皆でお菓子やケーキを持ち込んで、なにやらしみじみ語り合いましたね。短い間だったけど、皆のお蔭で楽しく働けました。どうもありがとう***で、ご縁があったら、これからもどうぞよろしく♪
日勤はどうも、同じ場所なのにいろいろと違っていて、未だ戸惑っていますがなんとかやってますよ。恵まれてる?


10月 6 2010

ゴーヤで、り。

活着 漫画

十月です。庭ではゴーヤが未だに青々と成長中。あと、ひとつ(「り」の左くらいの大きさのやつ)収穫したら終わりかな〜(^ェ^;)写真の雌花は間に合わないでしょうね。日に日に秋が深まってます。どこに出かけても金木犀の匂いが漂ってて有難い***

今月はいろいろあるんです。そのために(?)短期集中でバイトを入れました。なぜかまた、お役所仕事で。バイトの初日が天どんくんの独演会とダブってしまって、思い掛けずHARDだった仕事が済むや否や中野にダッシュして、ふらふらで30分遅刻で会場へ。天どんくん、一席めのまくらの途中。しっかり三席と、ゲストの扇辰師匠(天どんくんへの愛ある(?)イヤミをたっぷりと、上手な落語でわりと年配の方かと思ってたら、私と同い年でした(^ェ^;)着物って、ひとを老けさせるねっ!!)の話が聞けました♪三席めに疑問を抱きつつも長めの古典をやってくれたけど、ハリウッド映画的調子のいい大団円は好きだから、「御神酒徳利」面白かったよ(^ェ^)v

さてさて、本日『蒼天航路』を読み終えました。29巻を読んだっきり日々忙し過ぎて読めぬまま数年。唐突に続きをこの夏に読み始め、最終巻が出て5年近く経っての今日に。うう、うっかり泣いた。楽進が死んだときも泣けたけど、曹操が死んだら泣いてやらなきゃ読んでた甲斐がない…と云うわけじゃないけど、かなしくなって。曹操が主人公の三国志にさいしょは否定的な想いだった(諸葛亮孔明様LOVE♪だからね)けど、全36巻で”愛すべき曹操”を描き尽くされて、最後まで読んだら…ならばよし!

と、『バクマン。』の10巻。ダ〜リンが「10巻は今まででいちばん面白い!」と云って、仕事に出掛けてしまった。え〜、今までも全部面白かったけどぉ?と読んだら、うへぇ〜泣かされたよ〜(;_;)さすがにこれ読むと、えらいやる気が出るんだけど、『バクマン。』始まってからは一本も漫画描いてないよ(>_<)八月の激ストレスでめっさ漫画が描きたくなった(拙著参照。)けど、そんな時間全然なくて、それでも、ずっとネームを考えてたところに10巻は効くね(^ェ^;)どうにかして(落語会を減らす?映画?連ドラ?麻雀?何か減らして…)漫画を描きたくなった***ちょっと、今は金木犀の匂い(私にとって、頗るやる気が出る匂い。詳細は過去のブログかどっかにあるかと。)の所為で高まってる想いのような気もするけど、兎に角描かないと。

そんな感じで、フル稼働中の十月が始まってます***


4月 11 2008

謝謝謝謝!!!

漫画

img_2866.JPG今週明けから《ゾロ目year》が始まりました。
各地から有難~いプレゼントが届きました♪ありがとうございます。頗るうれしい! その中にこんなとんでもないもの(写真参照)が紛れてきました。先だって誌面にて発表があった「スピリッツ検定」の賞品です。25年以上雑誌スピリッツを講読し続けていたので、参加したらわりと上位に入ってしまい頂けた次第。連載中(現在は休載中)の『竹光侍』の原作者と松本大洋の直筆サインが入っている人体模型(なぜ?)です。まさか貰えるとは・・・うれしい***これを励みにゾロ目year、松本大洋みたいにがんばって好い漫画を描かないといけないなぁ!!と想ったりはしておきましょう(^ェ^;)

誕生日の前日、ことし二度目の お花見会にて桜吹雪の中で麻雀をしました。いやぁ~、頗る風流でした***


3月 19 2008

ああ、少女漫画

漫画

img_2818.JPG初めて読んだ少女漫画誌は「別冊少女コミック」1973年2月号だった。そこに住石るりゑ先生の『変身だよ!パンダちゃん』と云う漫画が載っていなかったら、それ以降の私はいなかったかも知れない。兎に角、その日から漫画を描き始めたし、今日まで漫画(本)のない暮らしをしていない。

先週の雨の日に『少女マンガパワー!』と云う催しをやっている川崎市市民ミュージアムに行ってきた。≪少女漫画のすごいひと≫Sさまとごいっしょに。待ち合わせは渋谷ハチ公の前、しっぽの方ね♪(by『東京のカサノバ』)
平日は展示のみだけど、それが目当て。豪華ラインナップの先生方の原画、複製原画(は、ちょっとがっかり)、各先生方縁の(又は愛用の)品々・・・点数は多からず少なからず・・・う~ん・・・少なかった?・・・でも、いちいち思い出のある作品ばかり。九つ年長のSさまは展示の原稿を見ながら「この作品はアシスタントに行っていて・・・」と想い掛けない裏話をしてくださった。ひとりで見に行ってたら、ただ「ああ、この漫画怖かったなぁ~」だけだったよね。私がまだ幼児の頃の作品の詳細も教えてくださって大盛り上がり♪盛り上がるには≪かなり少女漫画好き≫同士で見に行くのがBestの催しだわね。≪少女漫画のすごいひと≫と行けた私は超ラッキー☆彡でした。でも、ふたりで想ったのは「もっと!」。この先生の作品があるなら、なんであの先生の作品がないの!?だ。でも、キリがないものね~(;´д`)苦肉の&無難な選択だとは想ったけど。それでも見れたのは大感激!少女漫画を愛し続けてて好かった***謝謝!!!

明日は順さまの命日。北海道は梅もまだ?の頃・・・


6月 18 2007

云えないこと。

漫画

img_2541.JPG誰にも云わなかった(云えなかった)秘密をようやく出会った気のおけるひとに話せる物語を先週二日続けて見た。さいしょのは映画の『あなたになら言える秘密のこと』。タイトル通りだけど、終盤に主人公の壮絶な過去が語られる。そこに至るまでのこころのほどけ方がこの映画の見どころ。オススメ***
続いては漫画の『ラヴァーズ・キス』。先だって出た『蝉時雨のやむ頃』の関連作品だと云うので読み返してみた。12年前の作品だけど、当時は地元の震災やら、引っ越しやら、相方のお父さんが亡くなったりの過酷な年だったりしたからか、改めて読んでも内容に全く覚えがなく、ただ当時読んだ時はイマイチ好きになれなかった(絵が少し変わったのも当時は気に入らなかったが、もう慣れた)記憶だけが残っていたっきり。物語の舞台が鎌倉辺りだったことと・・・。
で、今回読んでどうしてそんな記憶に至ってしまったのか?と想うくらいにこの漫画は好きな漫画だった。好きになれない訳がないと云うくらいに苦しくて愛おしい物語だった。
そして私は少し何かを想い出し、自分がすべきことを教えられたのでした。秘密は・・・たいしたことじゃないから云わないけど。


12月 6 2006

六日、

漫画

img_1759.jpgウチにある『鉄コン筋クリート』全3巻を初めて読んだ。
連載中、スピリッツを買ったら真っ先に読んで、通して読むときに又読んでたし、単行本を買った頃(1994年)も忙しかったし、その年から麻雀を始めてしまったから以降相当の時間が麻雀に費やされているから・・・?兎に角、今日まで読んでなくて、新品なのに12年分しっかり古ぼけた古本で、紙質と大きさが違うから雑誌で読んでたやつとは随分印象が違ってて・・・やっぱり彼らを愛していた。そして、こんなあたしと17年もつきあってくれてるダ~リンって、あたしにとっては大事な大事なシロやったんやねぇ・・・なんて想えてこっそり感謝した***

6時半に撮った 朝焼けは、夕焼けとの区別がつかぬ。


6月 25 2006

+DEATH NOTE+

漫画

映画じゃなくて、漫画の方。読みたい~と想っているウチに先月連載の方が終了。単行本が全巻まとめて古本屋に出るまで我慢するか・・・と想ってたら、バイト先の若者が貸してくれると云う。やったー♪お返し(?)に『ヒカルの碁』を貸してあげることになった。
自宅の漫画コーナーの奥にきっちりしまってしまった『ヒカルの碁』を出すのは一苦労。全巻出したら読んでしまった。驚いたコトにヒカルと佐為以外の人物の名前を一切忘れていた。塔矢アキラですら!佐為の次にラブキャラだった加賀先輩だけは苗字のみ辛うじて覚えてたけど。なんで???トレカだってあんなに集めたのにっ!!老化現象?おそらく違う。読み始めた途端、手放したDEATH NOTEの記憶が溢れてくるように全部想い出したから!物語の中で佐為がいなくなったのが頗る辛くて、その後連載が終わってしまったのがもっと辛くて、無意識に封印していたと云うのが妥当だと。読み返して、めっちゃ好きなことを再確認。もう封印なんかしない。何回も読む。続編が望めないなら尚更。そして、同時にやらなくなった囲碁もちょこっとずつ(もうはじめからやり直し・・・)やっていこうって。佐為が指導してくれるゲームソフトで***
そんなわけで、『DEATH NOTE』を終盤まで読んだ。7巻と12巻(たぶん最終巻)は買うことにした。やはり噂通り面白いけど、主人公に感情移入できない(と云うか嫌いだ)と厳しいな。救いのL(今回のラブキャラ♪)は×××だし・・・然し、云わずもがな絵が上手過ぎて説得力があるので目が離せない。読めてよかった!!!謝謝。