12月 25 2013

Christmasの夜に☆彡

活着

R0021378_

昨晩は意外にも初めてゆく紀伊國屋ホールにて天どんサンタからの頗る楽しい落語会が♪贅沢と云うか何と云うか、まさしく”神的プログラム”(写真を拡大して見てね♪)だったよね(^ェ^)ふふふ、行けてラッキー☆彡おつかれ様ーっっ♪♪♪

やっと棒鱈を戻し始めただけで、年末のことが何もできてない(>_<)バイトも今夜を入れてあと3日もある!?うへぇ〜時間ねぇー(>_<)間に合うのかっ!!?


12月 22 2013

時間はまだあるからって そうゆっくりしてられないんだ

活着

R0021364_R0021361_ R0021358_ R0021355_ 0039

十二月。冒頭はsionさんの歌の言葉です。50過ぎちゃうと「時間はまだある」とも云ってられないんだけど。
半ばくらいまで仕事とバイトで終わってしまい、13日にみゆきさんに会いに名古屋へ♪キレイになってからのを初めて見た東京駅。キレイなんだけど、嘘くさくて気持ち悪い。”時代が付いてこそ”の建物だったんだ。早く古くなるといいね・・・。もうすぐなくなってしまうかも?の大須演芸場は独特の佇まい。名古屋に住んでいるとき(まだ天どんくんは中学生だから・・・)は一度も入らなかったけど、今回も入ることなく写真だけ。なくなると想うと、なにやら惜しい。みゆきさんのコンサート会場のある金山駅周辺のChristmas飾りはことしも独特のこんな感じ♪かわいいね。と、かわいいと云えば、噂のぴよりん。中にプリンが入ってるふわふわのケーキ・・・に見えるプリン♪名駅の新幹線のりばのすぐそばのお店で買えるのだけれど、そして意気揚々と買いに行ったのだが、、、、実物を見たら、かわい過ぎて・・・「食べられないよぅーーー(´;ω;`)」と、買うのを断念。どうやって食べるの(?_?)うぅ
名古屋から実家に寄って、母と温泉にゆく予定だったのだが、母の都合で中止。なにも持たずに行ってしまったので、DQ8を12時間もやってしまった(^ェ^;)この暮れのくそ忙しい時に!!DQ9もまだ途中なのに!つか、DQ7もまだクリアしてないのに!そして、DQよりも私がやりたいのはFFなのにっっ!!うぅぅ

そして、十二月に『1Q84』を読んでいる奇跡・・・あと、のこり1冊。うぅぅぅ

 


11月 30 2013

減後悔!

活着

R0021332_R0020989_

お早うございます。夜勤(バイト)明けは使えないな・・・と今更ながら気がつく。躰は痛いし、ぼんやりしてるし。でも、仕事があるからやるにはやるが、だらだらしてしまって全然はかどってなくて。いっそ、しっかり休んだ方が好いのだと・・・今更ながら。ね。こんどから。
11月が終わってしまうのよね。いやはや。仕事やりつつ、バイト行きつつ、落語(真打披露興行後すぐの寄席での食いつき!偶々思いがけず楽しかったけれど、来月のはもう無理。お目当てが少なめの寄席で4〜5時間も満喫する時間はさすがにないー)を聞きに行きつつ、映画を3本見に行って(あぁ、久々に「シネ丼」を更新しようと書きかけたまま・・・)、そして、ワタリウム美術館に初めて行った!こっちに来てから(って、もう20年以上前のこと)何かと気になっていたところなのに、なかなか行けなくて(>_<)信じられないくらい神宮球場に近くて、それを知ってたらもっと行ってたのにっ!!(神宮球場にも!)と、深い後悔をしたのだけれど、後悔は後悔。もう遅い。ことしは寺山さん没後30年で、いろいろメモリアル企画が催されていたようで、そんなこと失念したまま偶々夏に三沢の寺山さん記念館に行ったりしたけど、その美術館では『市街劇ノック展』をやっていたのでした。7月からずっと!ほんとは10月までだった催しが1ヶ月延長された恩恵でやっと行けたわけです(;_;)「市街劇ノック」は1975年4月に東京・阿佐ヶ谷の街中に劇団員が様々な仕掛けを張り巡らせた大仕掛け(?)な演劇(?)。つか、催し。当時10歳の私は勿論、東京でそんなことが催されていたなんてことは知らず、大阪で日夜ノートにえんぴつで漫画を描いていたけれど・・・嗚呼、参加したかったーーーっっ(≧▽≦)その時の写真や映像がたんと見れて、記念館でも見られた寺山さんの膨大な足跡を贅沢に摘んで展示されたうれしいイヴェントでした♪合わせてテレビでも寺山さんを想う番組をやっていて、映画監督(園子温だけれども)が三沢の記念館に行って、寺山食堂に行って、寺山さんの旧友を訪ねて青森市に行って、恐山へ行っていたので(どこも全部、夏にウチらが行ったトコ)笑った(^ェ^;)寺山さん縁のメニューを扱った「寺山食堂」は三沢市内に数軒ある。きっとどこも便利な場所じゃなくて、観光客はわざわざでしか行けない。ほんと、わざわざ行ったけど、地元の野菜をたっぷり使った寺山定食は美味しかったよ♪と、テレビの中の恐山は素晴らしい秋空の天気でウチらの行った恐山とは全然違う場所のようだった!晴れてたらあんなだったんだ!見晴らしは良いけど、霧の中の方が「ぽい」感じで頗るよかったね♪(らっきー?かもね。)ともあれ、寺山さんに出会えてよかったねぇ。縁?偶々?必然。

と云うわけで、明日から12月ぅぅ〜(≧▽≦)ノ” 待ちわびたけれど、あっちゅう間に明けてしまうんやろうなぁ(^ェ^;)あぁーーうぅーー、ばたばた&じたばたしてます。後悔はなるたけ減らすように、頭使わなきゃーーーーっっ!!!禁ぼんやり!(年内はね!)

両国での落語会の行きしな。小岩駅から見えるスカイツリーが意外に大きい。でも、写真が撮り辛い方角なんだわねー(;´д`)


11月 13 2013

偶然。

活着

R0021284_R0021286_

11月です。年末です。ぼんやりしてる場合じゃないのに(きっと)ぼんやりしてたら、もう半ば。春→夏の間、騒音&揺れに辟易させられていた隣宅(上の階は借間)も出来上がり、先月からはペットを伴った入居者が早々に越してきて連日アシカの鳴き声が・・・たぶん犬?未だ姿を見かけたことなし。アシカ?の疑念は消せない。さんぽに連れて行ってあげようよ(;´д`)そんな鳴き方異常だよ(>_<)悲痛・・・

新真打の寄席での披露目も先週末でお開きに。天どんくんの楽日に行って気がついた。風で幟旗が裏返ってたんじゃないのね(^ェ^;)こう云う場合は国立演芸場の方を裏にすべきじゃないのか?と想いつつも、仕方ないか(>_<)表に廻って撮っときましたよ。まさかの見納め!?にならぬよう精進してね・・・って、そんなことにはするまいぞ!?と云う意気込みか、トリの演目は1時間超の「文七元結」。好き♪いっしょう懸命が伝わった***口上は左側から丈ニさん、白鳥さん、天どんくん、圓丈師匠、吉窓師匠。吉窓さんだけ一門が違うけれど、All三遊亭。なにも云わなくても和むわ〜♪結局、楽日まで緊張皆無だったのね。(こっちから見てると。あ、怖ろしいことがあったらしい2日は欠席したけれど、緊張が走ったかな!?)いやはや、天どんくんも追っかけの方々もおつかれ様でしたm(u_u )mで、昨晩の火曜会(二人会)では「たのきゅう」と「よかちょろ」。話は知ってても落語で聞くのは初。で、わたしが天どんくんから聞くのも初。早速の意気込み?いやー、なにやらCDに(?)収録されるそうで、たのきゅうはそちらの要望だったとのこと。「たのきゅう」をやったからの「よかちょろ」?字面がいっしょで言葉パズル作家としては、なんかうれしい♪《宣伝→ニコリの別冊の新刊『いろいろクロスワード』で久々に絵ヒントクロスつくりましたー(U´ω`)ノ 買って解いてね〜♪》昨晩の相方は久々のこみちさん♪ことしは天どんくんでいっぱいいっぱいで、こみちさん(暫しの産休もあったけれど)を聞きにゆけなかったからうれしいペア(^ェ^)こみちさんが新作落語をやるなんて想わないから、「目黒のさんま」にそっくりな「鴨南蛮」って云う古典落語があると想って聞いてたよー(^ェ^;)白鳥さんの女子が主役の新作落語は、女子が演ると一層面白くなるようで・・・頗る面白かったよぅ〜(≧▽≦)ノ” 天どんくんの「狸賽」も女子で聞いてみたいなー♪と云うわけで、ふたりとも収録してなかった方の噺の方がのびのびやってたし面白かったから、なにやら残念な気がするね(^ェ^;)ふふ。

 
『1Q84』を読み続けているけれど、まだ2冊めの終盤。断絶中だったから、親本刊行当時もまったく無視で内容の一切を知らなかったけれど・・・タイトルで判れよ!だが、1984年に起こった物語と云う設定だった。奇しくも、いや偶々、1984年にわたしたちは出会った。当時は(以降20年くらいはずっと)村上春樹を溺愛していたから、あのひとも村上春樹を読むと知り、軽い(さいしょはハガキだけだった)文通が始まった。翌年の六月六日にとんでもないことが起こる時まで・・・。『1Q84』の親本はあのひとが生きてるうちに完結して刊行されている。読んだのかな?わたしと同姓の登場人物が出てくるね。あのひとが間違いなく読んでいる筈の『十二国記』にも同姓の主要人物が出てくる。あのひとはその名を見て思い出してくれただろうか?余計なことばかり考えてしまうけれど、絶賛読破中(´;ω;`)

 

風邪はやっと治って、健康診断の結果も少しの生活習慣の注意のみ。あぁ、健康って、いいなー


10月 24 2013

秋の夜長の・・・

活着

R0021277_R0021274_

先だっての寝不足報告を書いた後、久々にしっかり寝て起きたら風邪を引いていたよ(´;ω;`)微熱を伴い、咳、洟、かなり悪質。その日は家で仕事に当てていたけど殆ど出来ず、翌日は一応動けたのでバイトに行ったけれど辛くて2時間で帰ってきてウチで前日やり残した仕事をして、その翌日は土砂降りの中を浅草演芸ホールへ。熱があったので出掛けるのがぐずぐず遅くなってしまったら、1階席はもう満員で2階席へとのこと。しょぼん…だけどね、わぁ!目が悪いから2階席なんか進んで行くわけないんで初めてだったけど、高座は遠くても初めての眺めでワクワクした♪んーーーと、具合悪くてぼーっとしてたからあんまり覚えてないけど、その日の披露口上は左側から玉の輔くん、文楽師匠、天どんくん、圓丈師匠、馬風師匠。んーと、前のと似てた。3階の立ち見席(どんなだ!?気になるわぁ〜)まで開いていたそうだよ。雨でも日曜日、前回の平日には来られなかったひとも沢山来てくれたんだろうね!天どんくんはしやわせ者だわね(^ェ^)ん?本人の吸引力(チカラ)か。でもさー、台風で出してなかったから、あんな雨では幟旗は出さないと想ってカメラは持ってゆかなかったんだけど、幟立ってた!びちゃびちゃで立ってたよぅ〜(>_<)ちゅうわけで代わりの写真は、さん吉師匠が高座でオススメしていた浅草演芸ホールの売店で売ってる蜂蜜饅頭。名前が似てるから、鹿児島市内で食べたふわふわで美味しいいいいい「蜂楽饅頭」を思い出して、うっかり買ってしまったけれど、見ての通りのありふれた茶菓子です。あぁ、蜂楽饅頭食べたいなぁ・・・(涎)お菓子ついでに、土産にどうか?と試し買いした菓子が素敵っっ!!だったので1枚。パンダのは坂角のえびせんみたいなえびせん。パンダがえびせんを食べてる図柄なのよね。凝ってる!東京の名所の絵が付いた煎餅も土産っぽくて好い。そして、もちろん美味しいの♪これが1セットで3袋入りのかわいいパンダ柄の箱に入った小さなお土産。少々値が張るけど、お土産の定番にしたいな♪
さて、翌日も池袋に場所を移しての披露目の会(昼席)。これに合わせて午前中、池袋の診療所に健康診断の予約を入れておいたのだけど、風邪が相変わらずで不健康診断に(^ェ^;)まぁ、それでも当日結果の判るものは全て特には異常なし。後で判るやつの方に毎度異常(貧血とか)があるんだけれど…さて?朝ご飯抜きでの健康診断が終わったら、その建物の中庭のような休憩所でお弁当。鮭たっぷりおにぎりにそこに住み着いてる猫が二匹寄ってきて、いっしょに食べた。手から食べるくせに触らせてはくれないのよねー(;´д`)判りやすいノラちゃんたちでした。少々耳が欠けてたけど、二匹とも美猫(私好み♪)だったのに〜っっ!!朝、急いでて痛恨のカメラ持ち忘れ!撮りたかったー
池袋演芸場に着いたら、まだ早いけど並んだ。狭い会場とは云え、平日の昼に満員で。当日の番組表を見て、志ん輔師匠が交代になっててしょんぼり。でも、喜多八師匠が入っててラッキー♪と想ってたら、更に直前に交代になったそうで馬石さんがやってきて吃驚。「鮑のし(前半のみ)」がこんなに面白かったのも初めてで吃驚。かっこ好過ぎる「双蝶々」より、こんなのがハマるのね!発見だわ。(ん?今更?)えーっと、口上は左側から玉の輔くん、天どんくん、圓丈師匠、馬風師匠…ん?四人だっけ?うん、たぶん。トリの天どんくんはお馴染みの赤い着物で新作の「クリスマスの夜に」を☆彡 セルリアンブルーの後ろ幕が深緑色だったら良かったのにね!と想った一席。ことしはもう2度目のお兄ちゃんと犬次♪しみじみ想うところ多いけど、割愛。披露興行も残すところ4日・・・あと1日(楽日)だけ参加します〜(素直に全部行かない心の葛藤があるわけよ・・・行きたくてもー)
で、その翌日もまた池袋でお馴染みの並木橋落語会。風邪がちっとも治らない。(連日、出歩いていては仕方ないか・・・と想いつつも、ウチで休んでても変わらぬシツコイ風邪!!)でも、楽しみにしてる会だからさー。早めに行って猫たちに会おうかと想ったが、方角も違うし、しんどいしで諦めた。ま、三日連日微熱と洟づまりで朦朧としている状態での落語三昧で記憶が夢のようだけど、無駄にがんばったよ。志ん輔師匠と天どんくんの「替り目」は全然違うけど、どちらも頗るかわいい***はやく好い奥さんもらいなよぅと想う。福ちゃんも。余計なお世話だが(^ェ^;)

八月から移動時間のみで読み続けた『十二国記』。「魔性の子」込みで12冊を読み終えてしまった!『あまちゃん』よりも禁断症状が(>_<)今回も「黄昏の岸 暁の天」の次に「魔性の子」を読んでしまったけれど、これがいちばん最初に書かれていることにやはり驚嘆する。「魔性の子」を最初に読むと全然違うんだろうなぁ・・・と想っても、もうどうにもならない(>_<)後に読むことの楽しみもあるわけだし。どっちにしても素晴らしい。早く続きを・・・!!!と踠く私に昨日《繋ぎ》が届いた。目下、断絶している村上春樹だけれども、もしか当たったら読むサダメなのだと応募した懸賞に当たって『1Q84』が文庫版で6冊届いた。今は断絶していても、村上春樹の小説が読み始めたら止まらないのは重々承知している。会えないあのひとからの宿題だと想って読破するわ***然し、早く風邪治らないかなぁ・・・(´・ω・`)もー


10月 10 2013

うっかり来年のことを云う。

活着

R0021242_R0021252_R0021259_

連日5時半はすごい朝焼け!昨日も今日も。米を研ぐ前に写真撮る。今朝はまた咲いてるダチュラ越しに。

昨晩は新宿末廣亭での披露目の会へ。東京でいちばん見た目が素敵な寄席よね♪中も提灯がいっぱいで頗るかわいい!でも、好い機会がなくてあんまりゆけない(>_<)これは写真が裏返しなんじゃなくて、幟旗が強風で裏返ってる。鏡文字は縁起がいい(香港で教わった。)ので敢えてこの角度で撮ってみた♪幟込みでかわいい〜(≧▽≦)ノ” 昨晩の口上は左側より市馬師匠、扇遊師匠、天どんくん、圓丈師匠、さん喬師匠。やはり笑いが先立って和んでしまう。おそらく客は皆このひとが好きで好かった♪と想いながら見守っているんだろうなぁ。隣の席に座っていらした年配の方も今回の五人の中では天どんくん贔屓(当然だが ´ー`)とのこと。口上の後で舞台袖で着替え途中の天どんくんが見えたその方が「泣いてるよ!」と私にも見るように促した。「目頭を押さえてる!」って。うーん、感極まって?そんなに殊勝かな?叱られて泣いてるのもないよね(^ェ^;)風邪気味のようだった(おだいじに。)から目頭ではなくて鼻の上を押さえて…?いや、なんだかんだ云っても純粋だから泣いちゃた?・・・等々と想い倦ねてみたけれど、トリで高座にあがった天どんくんに涙の気配は微塵もなく、夏の噺の「唐茄子政談」をたっぷり!もうじきハロウィンやから?この噺、何度聞いても誰がやっても同じところで気を失ってしまう(>_<)どうしよう〜なんで〜駄目だ〜あたし・・・来年の夏、またやってねっ!!こんどこそっっ


10月 8 2013

卡拉OK♪

活着

R0021229_R0021234_R0021236_

十月です。金木犀は満開です♪カエルのケーキ屋さんにもこんな新作ケーキが。緑の衣はクレープで中に美味しいものがたっぷり詰まっていて吃驚満腹のケーキですよ♪天どんくんの披露目の会・三日めは宮本選手の引退試合の日と被ってしまったのでチケットを買ってなかったのだけど、引退試合の神宮のチケットの方がぼやぼやしてる間に売り切れてしまって(>_<)結局その日が空いてしまい、ダ〜リンにカラオケに誘われたのでついてった♪過去に何度も誘ってみたけれどまったく聞く耳持たずだったのに、最近友だちとカラオケに行ったら(ズルイよー)ちょいハマりしてしまったらしい。点数とか評価が出て面白いものね。然し、常時歌いたい(ご飯作りながらとか仕事しながらとか歌ってるけどー)私もカラオケは付き合いで1曲歌ったのが3度、2曲歌ったのが1度、妹にお願いして連れてってもらったのが2度・・・と状況をしっかり覚えてて数えられるくらいしかやったことないので、点数とか出るやつは今回が初めて。歌唱診断では基本歌声が震えているから?〈安定感〉が低かったり、ランキング(『銀の龍の背に乗って』)で二百人程をゴボウ抜きにしたものの7位止まりで、俄然向上心が炸裂!(単なる負けず嫌い。何故コレを仕事に生かせないのか…)次は更に上を!と息巻いている。ふたりで交互に歌って3時間、あっと云う間だったけど、それ以上は無理!の素人の喉。喉も鍛えなければ!(やれやれ、何故コレを仕事に生…)写真のは最後にふたりともが歌った『地上の星』。もう声が出なくてランキング上位には全然及ばず(>_<)ちぇー

秋の空はキレイ。夏は雲しか撮る気がしないけれど、今朝五時過ぎの空を久しぶりに撮った。

『あまちゃん』終わって、〈あまロス症候群〉になってしまうかと想ってたけど、『タイガー&ドラゴン』の再放送が始まったから全然平気なの(^ェ^;)さいしょに見たとき(2005年)は落語知識ゼロだったけど、めっっっっっっさ面白かった!!!のだが、ひと通りの落語知識を身に付けた今見たら更に面白くてぇぇぇ!!!よかった!また見れてよかったよーーーっっ(´;ω;`)T&Dが終わっても、『まほろ駅前番外地』をまだ4話までしか見てない(すまぬ。)から、まだまだミズタクを行天で満喫できるんでやっぱり平気(^ェ^;)ゞ


9月 30 2013

上野満天。

活着

R0021150_R0021186_R0021193_R0021222_

ヨーグルトが固まるのが遅くなった。中華鍋が素手で振れる♪金木犀はことしも遅いのか匂ってないけど、秋ですね。
昨日は天どんくんの真打昇進披露目の会・上野鈴本の二日め。夜席なので昼は動物園にいた。日曜とは云え、えらい人出だった。上野は平和だね。『あまちゃん』終わった(´;ω;`)けど、街にはまだ《あまちゃん音楽》が溢れてた。彼岸花も咲いてた❀
夕方になったら、動物園のパンダ舎前で合流した天どんくん追っかけ隊のひとりと寄席の行列に並ぶ。2時の時点で6人並んでたって!あたしはその頃2度めのパンダ行列に並んでたね。食べてるか寝てるか。遊んでいるところに遭遇したことないなー(^ェ^;)一日中見てられる日があるといいなぁ・・・貧乏なかぎり無理やなー(;´д`)ヒマナシ。だよなー、寄席の行列に並んでる場合でもないのだけれど神様ゆるして。おかげで2日めも頗る楽しい会だったもの♪口上は左側より市馬師匠、天どんくん、圓丈師匠、小三治師匠。小三治師匠は天どんくんの嫁になりたいそうな?ま、その感じわかります。やはり考え方が何故か似ている小三治師匠なのでしたーU・ω・Uそして、その夜のトリは春の噺の「百年目」。ことしは春から「牡丹灯籠」、夏にはクリスマスの新作「クリスマスの夜に」を(頼まれたからとは云え)やったので驚かないけど、上野に二度めの桜を咲かせた粋な天どんくんでした。成城ホールの1日めにやったスタンディングオベーションを鈴本でもやってみたのだけれど、座席が固定されてて、くそ狭い寄席ではキビシイよぅ(>_<)狭いゆえにの一体感はすごかったけど!あ、成城ホールと云えば、なんでバスの歌を歌ってたんだっけ(?_?)ちょっと歌詞違ってたし。まっ、いいか(^ェ^;)なにはともあれ、またしても大満喫***披露興行10日間ぜんぶゆけるほど酔狂ではないけれど(7日間しかー)こんなだとぜんぶ参加したいが無理無理無理(>_<)躰に気をつけて駆け抜けて***ほんとうに始まったばかり。

 


9月 25 2013

祝♥天どん師匠(*uωu)

活着

R0021141_R0021220_R0021130_

さて、去年《真打昇進》の報せを聞いてから何度「おめでとう」を云ったかしら?去年のその日、移動の電車が同じで並んで座ってる時に云ったのが初めてで、いちばん気持ちを込めたから後は殆ど社交辞令で。11か月後の本日、真打昇進披露目の会初日が明けました。それはもう目出度いです。思い掛けず、志ん輔師匠も加われて頗るうれしいたのしい会になりました♪あんなに大笑いしたけど、真打披露口上(左より、志ん輔師匠、天どん師匠、圓丈師匠、さん喬師匠)のときはうっかりうるうるしてしまったわ(^ェ^;)やーね(照)。”天どん師匠”の初高座は最早お馴染みの力作『巣鴨のうわさ』でしたよ。先だってリリースされたDVDでも聞ける(敢えて「見れる」と云っておく?)ので、私がバイトしている通販会社等々で購入して皆も楽しんでくださいなー***ちなみに遡るけど、二ツ目最後の高座は『呼ぶ男』でした。ちょっと、いや、相当ぐだぐだで。(疲れ?寂寥からの動揺?場の空気?)勿体ない〜(^ェ^;)笑福亭たまくんの新宿5連続落語会のゲスト(なんちゅう一石二鳥!激ラッキー♪3連続で行ったけど、ほら、たまくんは笑かすことに貪欲やからっ!いや、落語家やったら、大阪者やったら当たり前のことやろけど、《笑いに貪欲な大阪者》のあたしが感心するほどやから、相当やで!って、今回改めてしみじみ想たわぁ)で。不思議な縁(えにし)。
披露目の三点に添えたものは、天どんくん追っかけ仲間がこの日の為に用意した特注ビスコ♪素敵(≧▽≦)ノ” 私はとうにお財布がカラだよ(^ェ^;)ありがとうー***そんなわけで、天どんはつづくよ。はちまきも昇進も披露目も襲名もなく(ま、漫画家だからなっ・・・)無駄に30年以上続いてるけど、そのままゆくよ。応援してくれたらうれしいよ。今の私には重圧にしかならぬが・・・(>_<)碌に描いてない上に迷走中。そして、とり急ぎ、29日の披露目の会にゆく。和楽社中に小花ちゃんがいなかったよー