10月 17 2013

そんなこんなで寝不足だ(ρェ`)

R0021263_R0021267_

昨日は浅草での披露目の会。台風が通過中で平日の昼席・・・電車がまともに動いてなくて、乗り換える度に待たされて乗ればギュウギュウ詰めで、近いのに頗る遠かった浅草になんとか辿り着けたけれど、まだ辿り着けてないひとの方が圧倒的に多かった(>_<)つか、客席広っっ!!先週迄毎日『タイガー&ドラゴン』を見てたから、浅草演芸ホールの中はあんな(末廣亭にそっくり!だけど、客席が少ない感じのセット)だと錯覚してた。実際訪れるのは3度目くらいで馴染みのない寄席だから〜(^ェ^;)そんなだからか(?)お初の師匠方が多くて面白かった♪口上は左側から玉の輔くん、馬風師匠、天どんくん、圓丈師匠、金馬師匠(ゴージャス?二度と集まらないだろう顔ぶれ?)で、妙な緊張感を抱えつつもやはり和んでしまうのでした。各寄席で2日ずつ。《初日は新作、楽日は古典》でゆくのかと想ってたら、今回は「タラチネ」・・・これは新作扱いとして、次の日曜は順番通り古典?さて?台風だったから(かな?)幟旗が立ってなかったので、写真は日曜に。代わりに、台風一過でいつもよりピカピカの浅草辺りの建物群を。
浅草の前日、毎月恒例の火曜会で天どんくんが後輩にアドバイスをしているのを見て、”ひと手間かけて”面白くしたり噺を判り易くすることの大事さを図らずも教わった。その後輩は市弥くん。今のところ唯一の初高座を聞いている落語家なので、こっそり応援しているよ。もっと面白くなってね♪しかし、舌っ足らずって、治るものなのねー(成長?)

先週末は熱海で一泊。麻雀とか麻雀とか温泉とか麻雀とかをやりに麻雀大会のメンバー12人で。1泊(って、殆ど眠ってないけれど)しても半荘6,7回くらいしか出来ないんだね。温泉にも入るものね〜(^ェ^;)でも、偶にはいいね♪偶にはね(^ェ^)またゆきませう***

今日は妹のウチを訪ねたついでに(?)ふたりでカラオケやったよ。妹はかなり上手いので、「精進しなくては!」と更に追い込まれたよ!練習練習〜♪

 


9月 30 2013

上野満天。

活着

R0021150_R0021186_R0021193_R0021222_

ヨーグルトが固まるのが遅くなった。中華鍋が素手で振れる♪金木犀はことしも遅いのか匂ってないけど、秋ですね。
昨日は天どんくんの真打昇進披露目の会・上野鈴本の二日め。夜席なので昼は動物園にいた。日曜とは云え、えらい人出だった。上野は平和だね。『あまちゃん』終わった(´;ω;`)けど、街にはまだ《あまちゃん音楽》が溢れてた。彼岸花も咲いてた❀
夕方になったら、動物園のパンダ舎前で合流した天どんくん追っかけ隊のひとりと寄席の行列に並ぶ。2時の時点で6人並んでたって!あたしはその頃2度めのパンダ行列に並んでたね。食べてるか寝てるか。遊んでいるところに遭遇したことないなー(^ェ^;)一日中見てられる日があるといいなぁ・・・貧乏なかぎり無理やなー(;´д`)ヒマナシ。だよなー、寄席の行列に並んでる場合でもないのだけれど神様ゆるして。おかげで2日めも頗る楽しい会だったもの♪口上は左側より市馬師匠、天どんくん、圓丈師匠、小三治師匠。小三治師匠は天どんくんの嫁になりたいそうな?ま、その感じわかります。やはり考え方が何故か似ている小三治師匠なのでしたーU・ω・Uそして、その夜のトリは春の噺の「百年目」。ことしは春から「牡丹灯籠」、夏にはクリスマスの新作「クリスマスの夜に」を(頼まれたからとは云え)やったので驚かないけど、上野に二度めの桜を咲かせた粋な天どんくんでした。成城ホールの1日めにやったスタンディングオベーションを鈴本でもやってみたのだけれど、座席が固定されてて、くそ狭い寄席ではキビシイよぅ(>_<)狭いゆえにの一体感はすごかったけど!あ、成城ホールと云えば、なんでバスの歌を歌ってたんだっけ(?_?)ちょっと歌詞違ってたし。まっ、いいか(^ェ^;)なにはともあれ、またしても大満喫***披露興行10日間ぜんぶゆけるほど酔狂ではないけれど(7日間しかー)こんなだとぜんぶ参加したいが無理無理無理(>_<)躰に気をつけて駆け抜けて***ほんとうに始まったばかり。

 


9月 25 2013

祝♥天どん師匠(*uωu)

活着

R0021141_R0021220_R0021130_

さて、去年《真打昇進》の報せを聞いてから何度「おめでとう」を云ったかしら?去年のその日、移動の電車が同じで並んで座ってる時に云ったのが初めてで、いちばん気持ちを込めたから後は殆ど社交辞令で。11か月後の本日、真打昇進披露目の会初日が明けました。それはもう目出度いです。思い掛けず、志ん輔師匠も加われて頗るうれしいたのしい会になりました♪あんなに大笑いしたけど、真打披露口上(左より、志ん輔師匠、天どん師匠、圓丈師匠、さん喬師匠)のときはうっかりうるうるしてしまったわ(^ェ^;)やーね(照)。”天どん師匠”の初高座は最早お馴染みの力作『巣鴨のうわさ』でしたよ。先だってリリースされたDVDでも聞ける(敢えて「見れる」と云っておく?)ので、私がバイトしている通販会社等々で購入して皆も楽しんでくださいなー***ちなみに遡るけど、二ツ目最後の高座は『呼ぶ男』でした。ちょっと、いや、相当ぐだぐだで。(疲れ?寂寥からの動揺?場の空気?)勿体ない〜(^ェ^;)笑福亭たまくんの新宿5連続落語会のゲスト(なんちゅう一石二鳥!激ラッキー♪3連続で行ったけど、ほら、たまくんは笑かすことに貪欲やからっ!いや、落語家やったら、大阪者やったら当たり前のことやろけど、《笑いに貪欲な大阪者》のあたしが感心するほどやから、相当やで!って、今回改めてしみじみ想たわぁ)で。不思議な縁(えにし)。
披露目の三点に添えたものは、天どんくん追っかけ仲間がこの日の為に用意した特注ビスコ♪素敵(≧▽≦)ノ” 私はとうにお財布がカラだよ(^ェ^;)ありがとうー***そんなわけで、天どんはつづくよ。はちまきも昇進も披露目も襲名もなく(ま、漫画家だからなっ・・・)無駄に30年以上続いてるけど、そのままゆくよ。応援してくれたらうれしいよ。今の私には重圧にしかならぬが・・・(>_<)碌に描いてない上に迷走中。そして、とり急ぎ、29日の披露目の会にゆく。和楽社中に小花ちゃんがいなかったよー


8月 21 2013

怪談じゃない牡丹灯籠

活着

R0020896_

天どんくんの牡丹灯籠(伴蔵目線で)で検索をかけて、ここに来てしまってるひとがいるので、先だって18日のことをちょこっと書きます。
何度も細切れには聞いている天どんくんの『牡丹灯籠』を通しで聞けた今回、長丁場と云うことで聞く方も緊張して挑んだのだけど最後までしっかり聞けました。伴蔵目線での通しならでは!の演出か(牡丹灯籠は天どんくんの他は正雀師匠のコンパクトにまとめた中華版しか知らないので、お約束なのかも?だけど)4章立ての章毎に伴蔵が悪事を重ねてゆくのに合わせて(かな?)着物の色がダークになってゆく。水色→グレイ→藍→黒と。普段あまり着物を着替えない天どんくんなので、これは素敵だった。中身は聞いた者勝ちの《天どんくんの牡丹灯籠》。件の『双蝶々』よろしく、一度ちゃんと取り込んで独自に構築して話してくれるので、とても伝わり易い。流暢にやられるよりも大切なことだと想う。思いがけず、いつもよりかっこいい天どんくんを見てしまったな。本当におつかれ様!どうもありがとう***

”さいしょは水色”・・・を表す写真?


4月 25 2013

四月の落語とか。

活着

夜勤明けです。ついつい撮ってしまう夜勤明けの空、5時半でこんなに明るい・・・夏だなぁ(>_<)ベランダは春爛漫。ことしのチューリップは全部開花して、今はカラタネオガタマが沢山花をつけてます♪写真くらいになってしまうと、もう殆ど香ってなくて。蕾の開きかけがいちばん♪金木犀みたいに日本でもこの木が一般的になれば春の香りがもっと楽しくなるのにね〜♪

先だっての痛恨の閉め出しにも負けず、今月は8落語会へ。先月末の新聞でも紹介された落語会(落語探検隊)みたいに印象的な会が目立った♪さいしょの笑福亭たまくん(熱演必至♪)の独演会はプロレス付き。プロレス大嫌いだけど、『お父さんのバックドロップ』を見てるから格闘技と云うよりはSHOWだと想って初観戦。死なないためと、相手をなるたけ傷つけないために鍛えてるって、目の前で披露されたのでしみじみ感じた。一番前の真ん中の席だったのだが、隣の席が【落語の先達】友だちの美智ヨちゃん。各々が別々にチケットを取ったのに!…だ。いや、吃驚。翌週も各々で別々にチケットを取った指定席の落語会があったのだけど、これも一番前の席で一席おいて隣。結局、ふたりの間の席の方は来なかったので隣に座って聞いた。なんでしょ?引力?全席自由だと、最近更に視力の落ちた私は最早一番前くらいじゃないと演者の表情も見えないので、なるたけ前へ。先達はかなり後ろの方が好いらしく、同じ会場にいてもはなればなれ…と云うことが多かったからねー(^ェ^;)いやぁ、もう、その落語会も出鱈目の盛り沢山!いやいや、各々の落語はちゃんとやってたよ!!天どんくんなどは無駄に(?)すげーやってたよ!「百年目」。その前日の二人会(天どん♥一之輔)でも満腹、その翌日の早朝寄席+天どん独演会でも満腹+αだったけど、上野で買ったパンダパンも食べたよ。もー、パンパン!パンパンと云えば、一昨日整骨院に行ったら、腕も足もパンパンで腰もズタボロで、一体何やってるのか!?と吃驚されてしまったよぅ(^ェ^;)バイトで残業やっただけだよー!成龍みたいにアクション映画撮ってるわけじゃないんだよー。でも、朝起きて、両腕が痛くて上がらなかったのは事実。本業でもこんなことは何日徹夜しても一度もなかったなぁ・・・由々しき問題だ(;´д`)皆、バランスを崩してるよー。直さなきゃ!それでも立っていられるなら、「その調子でがんばるっ♪」でもいいけどさー
と、後は新メンバーとの火曜会。このくらい(短めの落語を二席)チカラ抜けてるのも好い(全力かも?全力だね?)と想う。「落っこち」(恋におちる)って、好い言葉だねぇ***で、この間の日曜に二度目の彩の国さいたま芸術劇場へ。一月にチケットを取っていたので、もう誰が出るのかも忘れていて…ま、天どんくんと、チケットに記されている市馬師匠は確実で…行ったのだわ、結構はるばる。会場で貰った会の栞を見て唖然・・・天どんくんは?そりゃあ、生モノなんだから演者の変更があってもいいさ。でも、チケットを売ったひと(はわかってるんだから!)に知らせてくれてもいいじゃないよ?メール一通送るだけでしょ?売る時みたいに。あたしはそんな商売認めないよ。もう、eプラスではチケット買わないからっ!!・・・って、思い掛けない顔ぶれの落語会は楽しかったですよ、そりゃ!かなり稀だけど、天どんくんが出てない落語会にも行きますよ、そりゃ!でも、なんだろう?天どんくんがいると想ってて、いなかったときの(病欠やドタキャンなら仕方がないよ、そりゃ!どっちもまだ一度もないけど。)虚無感たるや!そんなに?そんなに好きなの?落っこち?ってのが判ってよかった・・・のかー(?_?)
今月はこの間の高座の後ろが大きな窓で新宿の夜景(ビル街とかがない、しょぼい側)になってる不思議な居心地の会場での落語会で最後だと想ってたんだけど・・・土曜もあるって?朝から?いやー、2時にはウチにいなくちゃいけないからー・・・さて、私は行くんでしょうか?


3月 12 2013

光るひとたち。

活着

連日あたたかく、花粉症が酷くて、なんにもやる気がしませんが・・・バイト行ってますよ落語会にも行ってますよ映画も見にゆきましたよ予定組んじゃってるからしょうがない(>_<)と云いつつ、満足してしまった映画は『ジャンゴ』。ぼーっと見てるとロバート・ロドリゲス監督作品かと想ってしまいそうなところにあの目出し袋の件(くだり)だよ。Q・タランティーノならでは!笑いのツボにハマってしまって苦しかった(≧▽≦)ノ”すごいな。満足してしまった落語会は三遊亭萬橘(旧きつつき)くんの真打昇進襲名披露興行でした。昇進でも襲名でも披露興行にゆくこと自体初めてで、天どんくんの時までゆかないだろうと想ってたんだけど、なにやらゆかねばならぬ気がして行ってしまった。四代目(星泉と同じだねっ!!)を継いだトリの萬橘くん以外の出演者は全員お初!(普段は勝手に偏ってるだけだが・・・)新鮮でちょっとワクワクした。まあでも、圧巻は鶴瓶ちゃん。オーラが全然違う。人気者って、ほんますごいんやな!と想った。演目はお馴染み「青木先生」やった(落語?)けど、面白かったわー!然し、負けてなかったのが萬橘くん。あたらしい着物を汗だくにしての「壺算」でいちばん笑わせてくれたわ。頼もしいね*** でー・・・お初のひとの中に烈しくこころ惹かれるひとがぁぁ・・・(>_<)追っかける?いや、もう無理だよ。現状でいっぱいいっぱいだよ。落語家じゃないんだよ。近年、どう云うわけか三味線に惹かれていて、小円歌師匠(かっこいいお姉様♥)に弟子入りしたいと人知れず想ってる私の目の前にすらりと恰好好過ぎる三味線を持った男のひとがぁぁぁ・・・崩れ落ちたのは私だよぅ(´;ω;`)頗るエエ声なんだよぅぅ(´;ω;`)その日、唯一の落語協会のひとなのに、今迄お目にかかれてなかったなんてぇ(偏ってるからね・・・)。いやー、トキメイタ吃驚した・・・またお目にかかれましょうか?ご縁があったらね***その翌日は、新作落語のネタおろしの会・せめ達磨。毎度各々面白いけれど、今回はオーバーアクションのふたりが秀逸。毎度「ネタおろし?」と想えるくらいちゃんと出来てる駒次くんと、なんだかんだ云ってもちゃんとつくってくる天どんくん。一生懸命はちゃんと届くから、《真打天どん》になってもがんばってねっ♪然し、当日は題目不明で「老後の心配」とメモした天どんくんの噺の題目が「将来の夢」だったのに追って感動したわ!

菜の花は蕾の写真の翌日から咲き始めた。びょーーんと伸びた水仙は葉と共に蕾が出てて吃驚(゚д゚)!春だぁぁぁ・・・・(´;ω;`)


10月 22 2012

喜喜!

野球

九月は一本も映画が見れなくて不本意だったけど、今月も余裕なく見にゆけそうにない筈だったんだけど、昨日は前々から妹と約束をしてたから渋谷に『桃さんのしあわせ』を見に行ったら、香港愛スイッチが思いっきし入ってしまって、映画の後は速攻入間市に向かい落語会にゆく心算にしてたんだけど、時間なくて諦めた香港映画2本立て(1本は既に見てる)の方を見よう!と、高田馬場で降りかけたけど想い直して入間市(遠いっ!初めてっ!山が見えるっ!)に行った。どっちに行くか葛藤してる間に電車に乗り遅れて、さいしょの一席をまるっと聞き逃したけど、後の古典二席はしっかり聞けた♪昨日は葛饅頭も入ってた(先月のにはなかった)「饅頭こわい」と、私は初聞の「宿屋の富」。当たらないのが当たり前だと想ってる宝くじだけど、毎回誰かに一等が当たってるいるんだものね!この噺は好きなので、天どんくんで聞けて嬉しかった♪ここで、主催者から天どんくんの真打昇進が決まったことを聞かされて…は?顔見知りの天どんくんの会の常連さんに訊ねてみたら、朝net上で公表されたそう。昨日は早朝から出掛けてしまったから、偶々全く情報を入れてなかったそんな日に〜(>_<)同時にその晩の落語会の開始時刻が私がメモしてきた時刻より45分も早いと聞かされて吃驚!速攻、次の会場のある両国へ向かう。(二本立ての方に行ってたら、そんなこと知らなくて大遅刻してるとこだったよ〜!)行き先が同じだから、天どんくんもいっしょに三人で。
晩の方は早くから予約してた楽しみな会♪そんなきもちなんだね…の天どんくんの「特別研修」が愛しい。きつつきくんの「片棒」はえらい面白かったね♪アルボムッレ・スマナサーラて(^ェ^;)落語会が終わったら、すぐに帰って仕事せな!!やったけど、やはりお祝いモードだったから打ち上げに参加してしまった(*´д`*)いやぁ。きつつきくんの実家がウチの実家(大阪に非ず)と同市だったよ。地元の子を応援しないとー♪

今宵はBS11寄席に。これはテレビで放映されるそうなので、12月8日20時にBS11で見てね♪

と、昨日は池山が来季から一軍の打撃コーチにっっ!!!って、云う発表もあったよーーっっ(≧▽≦)ノ”神宮に帰ってくるよ!やたーーーっっ
来年はいっぱい神宮にゆけるといいなぁ〜♪

お祝いの花(?)は秋の朝顔。夏場とはまったく形状が違ってるスプリットペタル。どうした?


10月 15 2012

秋の雲

今月に入ってずっと家で仕事。捗らない。今月は週1でバイトに行ってる。道楽(楽しいからね♪)の筈だが、躰がエライ(8時間立ち仕事だからね)。病気で離脱してた職場仲間も復帰して、更に和める職場だから続けたいけど〜。

先週末は落語会で初めての町に行った。埼京線に乗ったら、今年も行けなかった戸田球場を通り過ぎた。やれやれ、そう遠くもないのに戸田は遠いや。池山、神宮に帰って来ないかなぁ…。
彩の国さいたま芸術劇場(の一部が写真に写ってる)での落語会のチケットは早くからGetしていて、同日夜に天どんくんの独演会があるなんて想わなくて。夜の方は指定席じゃないから、お仲入りで抜けて次の会場に並びに行った。トリが聞けなくて頗る後ろめたかったけど、この空(雲)が見れたから良しとしたい。写真では写しきれなかったけど、頭上360度がものすっごい秋の空だった。
ちゅーわけで夜の方はゆっくり楽しめる場所を確保したけど、前半からゲストの喬太郎さんまでが早廻しかと想うほど早い!早口なの。(そう云う根多?)「火焔太鼓」も前座の「薬缶(序)」も喬太郎さんの「猫久」も(「派閥争い(仮)」はそうでもなかったけど。新作のネタ下ろしだものね。最近の新作は職場ネタが多いなぁ…どうしたのかな?)面白かったけど、息苦しかった(^ェ^;)最後の古典コーナーだけはゆっくり(勝手に睡眠が起こることもなく)聞けたから好かった♪***生モノだからね。演る方も聞く方も余裕があれば最高なんだろうね。昨晩の私が行けなかった落語会のは、頗る好かったようだし。なかなか難しい。

今宵も初めての会場(場所はお馴染みの表参道だから初めてじゃないよ)にゆく。ドキドキ***落語会ではないよ。


7月 16 2012

今月は8落語会(あと4つ)。

落語会禁止令解禁?いやー、流石にもう仕事が終わってると想ってたからね(;´д`)土日に連日予約を入れていて、落語を聞きに行ってしまった。土曜は初めてゆくライヴハウスでの天どんくんと正太郎くんの二人会。なかなか行きづらい場所にあるから?少人数でゆったり。「化物使い」も「船徳」もすっごく楽しくて、ふたりとも頗る熱演してて、笑い過ぎて皺ふえるーっ(^ェ^;)こんなに面白いのにお客さん少なくて勿体ない〜などと打算的な大阪者は少々想ってしまった。でも、至福謝謝。
翌朝は引き続きふたり+ふたりの鈴本早朝寄席に。天どんくんは「夏の味噌豆」が聞けるのかな?と想ってたら、「鰻の幇間」。もう完璧ね?「船徳」もそうだけど、何度聞いても面白い。だから追っかけしてるんだけど〜♥こちらは朝から満員。駅から近いし、お得(五百円)だから?なんだか。昼下がりには笑福亭たまくんの独演会に。天どんくんじゃない独演会は初めて(^ェ^;)ゲストは天どんくんの師匠の圓丈さん。へぇ〜。新作2席と古典1席+ショート落語。ほぉ〜。ま、私に気に入られてるんやから、天どんくんとなんやダブってても可笑しくはないかと。でも、お客層は全然違う。そんなたまくんの新作のひとつは顔がそっくりで同姓同名のふたりの噺。おもろい。これは、どーーーしても仕方のないことやけど、上方落語の方が聞き易いし、解り易いし、親しみがある。こんな風に時々聞けたらうれしい***そうそう、先だって漸く評判の鰻屋(近所ではない)に鰻を食べに行ったんだけど、トゥルの方。ふわふわで口の中でとろける坂東太郎。こんなん初めて食べたわーー♥の高級鰻やのに、タレの味付けが濃い!濃過ぎる。味は悪くないのに…勿体ない(>_<)と想うのは関西人だけ?東京のひとには丁度いいんやろか?評判の天丼屋に行ったときもそうやった!旨いのにタレが濃い!濃過ぎる。でも、いつ行っても混んでるから、それでいいんやろなー、こっちじゃ。けど、神保町の「はちまき」って云う天丼屋に編集さんに(はちまきやから云うて)連れて行ってもらったことがあるけど、そこのタレはなんや関西風やった♪「はちまき」やから〜(?_?)

鈴本に行ったら、ついでに手紙を入れに行こう!って、ずっと想いつつも少しの時間が足りなくて行けてなかった。今月、一週間に歓喜と悲痛が訪れた上野動物園(´;ω;`)の入場口の前にあるパンダポストにハガキを一枚投函したよ。消印にパンダちゃんが入ってる筈だよ。楽しみ〜♪