八月の、

映画

七月はもう映画は見られないと想ってたら、31日の試写会が当たって『きな子〜見習い警察犬の物語〜』を見てきた。 いやぁ、チラシ見て、かわいいなぁ〜と想ってただけで、(基本、チラシは実際にその映画を見るまでは読まないから。見るだけやから。)実話だとは知らなかった!本当にいるわんこの話だったんだね!この間、通天閣にも来たんだね!(東京に居ながら「来た」と云ってしまう大阪魂…)きな子ちゃん。そんな有名犬だとは全然知らなかった。映画はもちろん、方言指導がイマイチだったことを除けば、すっごい好かったよ!がんばってるんだか、どうだかよぉわからんきな子ちゃんがええわ〜♪ホロリもあるよ。見てね〜(U^ω^)ノ”

八月一日の映画の日には二本立てのハシゴ(目黒と池袋)で4本見た。
『9(ナイン)』は米国製のアニメ。物語はありがち?このままでもアリだけど、もう少し長くていいから、もっと納得のゆく話になれば絶賛したのに。途中で『ロード・オブ・ザ・リング』が横切ったのは9の声がイライジャだったからか?(エンディングクレジット見る迄知らなかった!)画はFFなどのゲームみたいな、最早見慣れた美しさのやつ***
『アリス・イン・ワンダーランド』は二度め、今回は「2D版」で。3Dなんか別に要らないことを確認する為と、3D眼鏡なしでキレイな色彩を見る為に。満足***
『ウディ・アレンの夢と犯罪』は、タイトルのまんまの物語。ありふれた夢を追いかけただけなのに…愚かな兄弟の悲劇。見どころはユアン・マクレガーとコリン・ファレルが兄弟役と云うところ!マニアックなよろこび。最後まで見守ってしまう***
『マイレージ、マイライフ』は、この年齢の者にはいろいろ考えさせられる珍作。久々に見たジョージ・クルーニーが超キュート♪あぁ、女は恐ろしい…私も似たようなコトしてるよなぁ…と少々、いや大いに反省(>_<)ちゅーても、女だから仕方ないけども…ずるいよね×××でも、面白い映画だったなぁ***

いやぁ、イッキに4本きついかと想ったけど、さいしょの二本は「ファンタジー」、後の二本は「家族を考える物語」と統一されてたから、4本でも二本分みたい?な感じだった。がんばって見に行って好かったわ***

八月に入ったら、すぐにチロの命日(2日)が。
庭のオシロイバナは色が気に入ってる♪


Leave a Reply