十月末のこと(六本木篇)

映画 活着

11月なんですけどね。
今朝、新聞を取りに行ったら「中文導報」(日本で売ってる中国語の新聞)が入っていて、一瞬なんのことやら判らず(ここはどこ?北京?いくら私が中華好きやからって、こんなサービス???)新聞屋さんに電話せなあかんのか…と想ったら、いつもの新聞に折って入ってたのよ。じゃ、まぁいいか…と貰っといた。あぁ、私の知りたいことが載ってる〜〜♪こっちを購読するべきなのか?
と云うわけで、10月29日は東京国際映画祭の『全城熱戀熱辣辣』(「ホット・サマー・デイズ」)を見に六本木に行ったよ。六本木メインになってから、あんまり行ってないのは遠いわけではないけど、行きにくいから(>_<)で、今回は他にもう一本どーしても見たいのがあったんだけど、忙しくて気がつくのが遅くて完売してた。う〜ん、公開してくれないと酷く後悔することになるよ〜(映画祭で上映しても、日本で一般公開しない作品もあるので。)それ以外でも、今回の映画祭の中華圏の作品は見たいのが沢山あったけどさ、六本木だし、貧乏だし…ね。でもでも、これが見れただけでも大至福♪だったので、虚しいことは忘れましょう***

発見即慌ててチケットをGetしたこれは、陳果(フルーツ・チャン)プロデュースで香港・台湾・中国の有名俳優がいっぱい出るからお楽しみに♪とあり、詳細が判らない。見るしかないじゃん!
中華圏では今年の旧正月映画だったらしいけど、開始即ことしの夏を思い出させる暴暑の香港台湾中国(の何処だっけ!?)が現れた!『天邊一朶雲(西瓜)』の続き?と一瞬想ってしまったが、それは陳果と外見(坊主と眼鏡と体型)がかぶっているだけ(どっちも溺愛監督だけど)の蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)の映画やん!と自分にツッコみつつ、ああ、次々に出てくる…張學友(ジャッキー・チュン)、劉若英(レネ・リウ)、謝霆鋒(ニコラス・ツェ)、徐熙媛(バービー・スー)、徐若[王偏に宣](ビビアン・スー)と張震(チャン・チェン)!?確かに豪華。あと、初見だったけど華のある四人は中国のテレビではお馴染みの方々らしい。(そのうちのひとり頗るかわいい女子は日本でも活躍しているモデルの楊穎:アンジェラベイビィ。あとは、井柏然、段奕宏、付辛博…覚えておかないと!)と、劉家輝(ラウ・カーファイ)、張曼玉(マギー・チャン)、余文樂(ショーン・ユー)…確かに贅沢。物語も、シンプル乍ら、ホロリ有りのかわいい5つの物語が交錯する仕様。イイナー♪1時間半くらいやのに、盛り沢山で見どころ満載で***ほんま見に行ってよかった・・・と見辛い(のは見にゆけばわかります)エンディングクレジットを見てると張震が見つけられない!見辛いから見逃したかな?…で呉彦祖(ダニエル・ウー)の名が…あれれ?出てたの!?見逃したなー(>_<)余文樂くらいの、チョイ役?…あ〜、しまったな…とウチに帰って調べてみたらば、張震だと想い込んでしまってた寿司屋の役が呉彦祖だった!!!えええ(>_<)ふたりが似てると想ったことも、見間違えたこともないのにぃ〜〜!信じられへん…(絶句)確かに、何か変?ホクロないし〜、輪郭がいつもと違うなぁ〜とか想い乍らも、他の誰とも想えなかったのよん!えらい素敵な映画を見た♪と想ってたのに、自分にがっかり(>_<)
監督は陳國輝(トニー・チャン)&夏永康(ウィン・シャ)。編集の李棟全(ウェンダース・リー)の名前も見つけて、あ〜陳果ファミリーががんばってるぅ♪としみじみ。(ほな、李璨琛は?なんで出てへんの〜?近年はテレビドラマが多いらしい…)
張曼玉は登場しただけで、顔を見なくても彼女とわかる。すごい大物オーラが♪声か?
ま、然し、この↑一塊の文、いつもよりキツめの自己満足です(^ェ^;)判らなくても、だいじょうぶ。(とか云うなら、わざわざ名前の読み方書かなくていいのにね)ただ、すっごくうれしかったのよ***でも、一般公開されたら見てね♪気楽に見てね♪

その翌日は、天どんくんの独演会で六本木に。直前に浅草の「ニコリまつり」にお邪魔してから(なかなか家を出られなくて、ちょこっとしか居られなかったけど面白かったよ♪)、初めての会場で。六本木の民家に紛れた場所だったけど、迷わなかったさ!私は池袋の西口側が鬼門なだけよ。なんや、六本木(麻布)の民家の住人はクリスチャンが多い(?)らしく、どちらさんもしっかりハロウィンの飾り付けをしていて吃驚した。豊か(いろんなことに余裕を感じる)でエエなぁ〜***
落語の方も豊か(?)で、急遽高座に上がらされることになった偶々来てた柳家喬之進くん(お初)といっしょに長いの短いので6席も。えらい得した気分♪天どんくんの4つのうち3つも初めて(私はね)聞く話だったし。(天どんくんの「たらちね」は聞いてみたかったやつだし。どっかで見た感想に書いてあったほど嫁が外人なのは嫌じゃなかったし、私は面白かったけどなぁ〜)なんや、台風来てたりで雨降りで微妙な心持ちで訪ねたけど、行ってよかった***近年、変わり過ぎて敬遠してたけど、六本木はやっぱり六本木やね。昔は結構好きな街やったよね。つか、めっさ好きやったよね。東京タワー近いし♪そんなことすっぽり忘れてたわ。なんでやろ?(たった今、思い出したの。)どーりで居心地好かったわけだわ(^ェ^;)

そんな、十月末の六本木でした。
写真は大阪のラブちゃんです。左右が切れてるでしょう?ここには、こんな風にしか入らない仕様になっているんです。でも、写真をクリックすればちゃんと見えるからね♪(あぁ、かわいい♪ふかふか〜)って、云うのを説明しておかないといけないかな?と、いつも想ってたので今回ラブちゃんにお手伝いしてもらいました。

追記:後日『中文導報』の1面をよく見たら、「11月のあたまに朝日新聞とともに届けられます。」みたいなことが書いてある!勿論、中国語で。朝日の方に書かないと駄目じゃないかなぁ〜(^ェ^;)ゞ


Leave a Reply