GO wait GO

動物 漫画

二月です。春節は一昨日だったけれどバイトが入っていて、日勤(12時→21時)になったので夕飯が作れず、餃子は一日遅れの昨日にしっかり作って食べましたよ。デザートも中華の豆腐花にして♪

で、ことしの抱負(改)は、なんやもう、どうでもよくなってしまったので、何気なく年賀状に書いた(毎年だいたい、目標や意気込みを書くようにしています)『GO wait  GO』(行け、待て、行け)でいいです(^ェ^;)映画『アカルイミライ』から引用したの。ま、どんな状況であろうと生きてるから進むしかないけど、ま、時々止まって待ってみて、誰か来たらいっしょに行ったらええし、来なくてもまたひとりで行けばいい…みたいな気持ちで書きましたよ。ま、ぼちぼち行きましょう。

さて、先だって、樹村先生に新刊をいただきました。読んでいたら、のっけから泣けてしまって以降ずっと泣き乍ら読んでしまうことになりましたが…。犬好きにも共有できるところが殆どで、小さな愛すべきものと暮らしたことがあるひとには読んでほしいと想いました。猫好きの友だち皆に贈りたい!と想ったんだけど、ちょっと多過ぎるので(^ェ^;)各々でお買い求めくださいませ。『愛ちゃんを捜して』樹村みのり著・朝日新聞出版から出ています。樹村先生の描かれる猫ちゃんは本物のあのやらか〜〜い「ふにゃふにゃ感」がしっかり伝わってくるのでうれしいですよ♪そうそう、この漫画の中でも記されていた「ペットロス」と云うのが、私にはまるでないんです。そりゃあ、チロが死んだ時のこと(実家には一年に一週間もいないのに、私が実家にいる時に死にました。)を思い出せば今でもいつでも号泣できるし、いっしょに散歩も行けないし、ふかふかにも触れないけど、チロと過ごせたしあわせな日々への感謝の方が圧倒的に大きいし、なにより、いっつも近くにいてくれてる気がするから平気やの。いっつもチロといっしょやねん***

先月の夜勤の最終日に「最後の晩餐」のような1時間休憩を過ごしましたよ。皆でお菓子やケーキを持ち込んで、なにやらしみじみ語り合いましたね。短い間だったけど、皆のお蔭で楽しく働けました。どうもありがとう***で、ご縁があったら、これからもどうぞよろしく♪
日勤はどうも、同じ場所なのにいろいろと違っていて、未だ戸惑っていますがなんとかやってますよ。恵まれてる?


Leave a Reply