今月は8落語会(あと4つ)。

落語会禁止令解禁?いやー、流石にもう仕事が終わってると想ってたからね(;´д`)土日に連日予約を入れていて、落語を聞きに行ってしまった。土曜は初めてゆくライヴハウスでの天どんくんと正太郎くんの二人会。なかなか行きづらい場所にあるから?少人数でゆったり。「化物使い」も「船徳」もすっごく楽しくて、ふたりとも頗る熱演してて、笑い過ぎて皺ふえるーっ(^ェ^;)こんなに面白いのにお客さん少なくて勿体ない〜などと打算的な大阪者は少々想ってしまった。でも、至福謝謝。
翌朝は引き続きふたり+ふたりの鈴本早朝寄席に。天どんくんは「夏の味噌豆」が聞けるのかな?と想ってたら、「鰻の幇間」。もう完璧ね?「船徳」もそうだけど、何度聞いても面白い。だから追っかけしてるんだけど〜♥こちらは朝から満員。駅から近いし、お得(五百円)だから?なんだか。昼下がりには笑福亭たまくんの独演会に。天どんくんじゃない独演会は初めて(^ェ^;)ゲストは天どんくんの師匠の圓丈さん。へぇ〜。新作2席と古典1席+ショート落語。ほぉ〜。ま、私に気に入られてるんやから、天どんくんとなんやダブってても可笑しくはないかと。でも、お客層は全然違う。そんなたまくんの新作のひとつは顔がそっくりで同姓同名のふたりの噺。おもろい。これは、どーーーしても仕方のないことやけど、上方落語の方が聞き易いし、解り易いし、親しみがある。こんな風に時々聞けたらうれしい***そうそう、先だって漸く評判の鰻屋(近所ではない)に鰻を食べに行ったんだけど、トゥルの方。ふわふわで口の中でとろける坂東太郎。こんなん初めて食べたわーー♥の高級鰻やのに、タレの味付けが濃い!濃過ぎる。味は悪くないのに…勿体ない(>_<)と想うのは関西人だけ?東京のひとには丁度いいんやろか?評判の天丼屋に行ったときもそうやった!旨いのにタレが濃い!濃過ぎる。でも、いつ行っても混んでるから、それでいいんやろなー、こっちじゃ。けど、神保町の「はちまき」って云う天丼屋に編集さんに(はちまきやから云うて)連れて行ってもらったことがあるけど、そこのタレはなんや関西風やった♪「はちまき」やから〜(?_?)

鈴本に行ったら、ついでに手紙を入れに行こう!って、ずっと想いつつも少しの時間が足りなくて行けてなかった。今月、一週間に歓喜と悲痛が訪れた上野動物園(´;ω;`)の入場口の前にあるパンダポストにハガキを一枚投函したよ。消印にパンダちゃんが入ってる筈だよ。楽しみ〜♪


Leave a Reply