秋の雲

今月に入ってずっと家で仕事。捗らない。今月は週1でバイトに行ってる。道楽(楽しいからね♪)の筈だが、躰がエライ(8時間立ち仕事だからね)。病気で離脱してた職場仲間も復帰して、更に和める職場だから続けたいけど〜。

先週末は落語会で初めての町に行った。埼京線に乗ったら、今年も行けなかった戸田球場を通り過ぎた。やれやれ、そう遠くもないのに戸田は遠いや。池山、神宮に帰って来ないかなぁ…。
彩の国さいたま芸術劇場(の一部が写真に写ってる)での落語会のチケットは早くからGetしていて、同日夜に天どんくんの独演会があるなんて想わなくて。夜の方は指定席じゃないから、お仲入りで抜けて次の会場に並びに行った。トリが聞けなくて頗る後ろめたかったけど、この空(雲)が見れたから良しとしたい。写真では写しきれなかったけど、頭上360度がものすっごい秋の空だった。
ちゅーわけで夜の方はゆっくり楽しめる場所を確保したけど、前半からゲストの喬太郎さんまでが早廻しかと想うほど早い!早口なの。(そう云う根多?)「火焔太鼓」も前座の「薬缶(序)」も喬太郎さんの「猫久」も(「派閥争い(仮)」はそうでもなかったけど。新作のネタ下ろしだものね。最近の新作は職場ネタが多いなぁ…どうしたのかな?)面白かったけど、息苦しかった(^ェ^;)最後の古典コーナーだけはゆっくり(勝手に睡眠が起こることもなく)聞けたから好かった♪***生モノだからね。演る方も聞く方も余裕があれば最高なんだろうね。昨晩の私が行けなかった落語会のは、頗る好かったようだし。なかなか難しい。

今宵も初めての会場(場所はお馴染みの表参道だから初めてじゃないよ)にゆく。ドキドキ***落語会ではないよ。


Leave a Reply