おいしい北九州♨

活着

R0021474_R0021488_R0021499_R0021504_R0021511_R0021515_R0021544_R0021556_R0021461_

やー、二月は短い!少し遡って前述の雪の晩、明けて翌日はバイト!最寄りの鉄道はまだ動いてないし、休みかと想ってたらやってるって!徒歩と同速のバスと動いてるJRを乗り継いで、やっとこさバイト先の1駅前迄辿り着いたら、その1駅が遠かった(>_<)結局、3時間かけて出勤。(1時間遅刻 >_<)その翌日は何事もなかったかのような通常運転で出勤。いやはや。・・・の後日に、なぜか北九州。ダ〜リンの友だち(北九州出身)の先達で「食いだおれる」と云う3泊4日の旅に連れてゆかれた。福岡空港から始まった初日は友人らと合流する迄、私の希望で太宰府天満宮へ。梅が枝餅をやっっっっと食べたよぅ!焼き餅だったんだね。食べたかったくせに全然知らなかった。焼きたてをいただけて美味しかった♪時間に余裕があったので、太宰府の近くの二日市温泉にもつかった♨夕刻、唐津駅で友だちペアと合流してから怒涛のような食いだおれが始まった。その晩は駅のガード下屋台(居酒屋)で堪能。煮物は懐かしい九州の味(父が福岡出身なので祖母の味付け。甘い♪)。美味い。男ふたりは飲み過ぎて、ぐでんぐでん。二日めは海の幸づくし。一日に二組だけしか有り付けないわ、陸路ではゆけぬ場所にあって(店主が船でバス停傍の港に迎えに来てくれる!)その為にだけ出向くと云うのが次々に出される美味しいお料理よりも贅沢で。こちらでも有難く堪能。満腹倖福***三日めは朝から豆腐三昧。素材のみの甘みを堪能。揚げ豆腐のふわふわが堪らぬ!素敵っ♪昼は先達オススメのラーメン店にわざわざバスに乗って。(ま、今回すべてがわざわざ行く店ばかりだが)店の周りに何もないのにお客がどんどんやってくる。すごいね。晩は小倉(福岡県)に移動してホルモン焼き♪その後に、先達の知り合いの店にゆく。美味い!ピッツァもパスタもサラダもチーズもワインも!近所にあったらきっと常連になるよー!わーん、遠いぃぃーーーっっ!!ここでもワインを飲み過ぎて、男ふたりはべろんべろん、私も限界ギリギリアウトくらい飲んでしまって危なかった(>_<)おいしい料理とそれに合うワインは危険だ!四日めは最終日。佐賀と福岡以外の場所では日本全国的に大雪だった前日。帰れるのか?飛ぶのか?と心配しつつも、私は朝からひとりで小倉から福岡(帰りも福岡空港から)へ先にゆく。福岡の友だちに20年くらいぶりに会う為に。幼稚園からの幼なじみだけど、そもそも大阪には転勤で来ていて、中学の時に福岡に戻ってしまった。彼女たちが戻って間もなく、ウチの中学の修学旅行が「九州ほぼ一周の旅」だったから、勝手に福岡駅で待ち合わせて(先生に叱られた。)束の間会ったのが35年前、その次が東京で友だちの結婚式があると云うので来ていた時に又しても束の間会ったのが20年前。そして、今回は仕事中の為、ランチタイムのみと云う束の間で・・・(^ェ^;)彼女の職場のすぐ傍の店で待ち合わせ。げんきだった!ふたりとも相変わらずで。なんでいっつも束の間なんやろね?そう云うウンメイの私たち?今回ウンメイっぽいのは、急に会う算段になったけど、愛用のカレンダーの2月イラストが双子ちゃんなのだわ!私がことし2月に双子の彼女たちに再会するのが予め決まっていたようでしょう?
飛行機は無事に飛んで、夜空。雲を抜けたら、そこはまだ夕刻の空!地上は夜景なのに!西の夜空では当たり前のことかな?フライト経験が乏しいから、初めて見る景色に頗る感激してしまった(≧▽≦)ノ”

北九州で訪れたのは・・・友だちペアを待ちきれず駅前でちゃんぽんを。いきなり(汁が甘くて)懐かしの味『山城屋食堂』、唐津駅ガード下の頗る清潔な厨房&ひばりちゃん大好き!のママがいる『いこい』、居心地の好いカフェ『Ode cafe』、海の幸三昧『魚山人』、豆腐三昧『川島豆腐店』、奥さんが頗る親切♪『中川茶園』(買って帰ったほうじ茶の美味しいこと!)、わざわざでも旨いラーメン『一竜軒』、ホルモンはどこでも旨いさ『三千里(みちり)』、のっけから溺愛のイタリアン『Chiasso(キアッソ)』でした♪ごちそう様!そうそう、行ってないけど、お土産にもらった『シロヤベーカリー』(小倉)の練乳パン(噛むと練乳がじゅわっと出てくる!)が頗る美味かった!!あぁ、住みたいね北九州・・・(*uωu)先達ありがとう♪

二月の落語会は特別なものばかり。浦和では、口上有りのおそらく関東で見られる最後の披露目興行。(口上は左から、丈ニさん、寒空はだかくん、扇辰さん、天どんくん、圓丈師匠、喬太郎さん)披露目のトリの天どんくんはいつもより余計にカッコいいんだよねぇ。通常の寄席のトリなら更に素敵か?心待ちにしておこうね(^ェ^)先だっての、大手町落語会NEO!ではまさか!の取り合わせで桂吉坊くんといっしょ。私には一石二鳥の有難い会だったけれど、駆け足の『双蝶々』は厳しかったよね(^ェ^;)初聞のひとにはおそらく何のことやら?ではなかろうか?なんか勿体なかった。たとえ不本意でも、やりたい場面だけをじっくりやって見せるのが好いんじゃないかな?と想ってしまった。ま、ま、天どんくんの追っかけ6年めのことしも地味に追っかけ続けてます。東京でしかできないね(^ェ^;)・・・で、二月は終わりっ!!

写真左上から、太宰府天満宮の梅!→居心地の好いカフェ!→唐津で通りすがった傾いてる廃屋!→イカ丸欠航中!→魚山人の入口!→さいしょの海の幸!→福岡駅の福ちゃん!→西の夜空!→カレンダーの双子!・・・です。


Leave a Reply