黄色い涙

映画

20080323_0482.JPG風邪で丸二日寝たきりしてたら体重が2キロ減った。最も手っ取り早い病気ダイエット。でも、サイテー(>_<)健康が有難い。まだ、起きれるようになっただけで治ってないけど。
発病直前に『黄色い涙』をやっと見に行った!一日限りの待望の再上映。永島慎二原作、犬童一心監督、嵐主演以外は何も知らなくて、かつてドラマ化されてたことも、主演が森本レオさんだったことも、レオさんのファンになる4,5年前のことだったから全然知らなかった・・・。レオさんの役を二宮くんがやる。左利きだから?でもペンは右手で持ってたね。漫画家の役だった。「黄色い涙」はこの漫画家のアパートにあと三人の芸術家を目指す男子が転がり込んできたひと夏の物語。時は昭和38年。懐かしいものがいっぱい出てくる。なのに彼らの苦悩やうだうだは私らのそれと全く変わらない。時代は変わっても創作する者の想いは変わらないものだと。名を残す者も、敢えなく消えてゆく者も・・・。
あー、これも漫画原作ものですが・・・満遍なくオススメです***
2本立てだったから『僕は妹に恋をする』も見た。こっちも漫画原作だけど、原作を全く知らないので気にしないで見る。信じられないほど内容が薄いのに2時間もあるのは、シーン毎をゆっくりじっくり撮っているから。でも、退屈しなかったのは見る価値があったから?物語が単純だから?「僕は妹に恋をする」と云うタイトルだけど、妹も兄に恋をしていた。前世は兄を愛してしまって自害した妹だという気がしてならない私としては、放っておけないふたりだったからかもね。

寝込んでいる間にも庭の植物は育ち放題。椿も咲きました。


Leave a Reply