『ちょっと思い出しただけ』を見たら、いっぱい思い出した件。

1645975521345
劇場公開後さいしょの水曜日に見にゆく。
監督と尾崎くんのラジオをずっと聴いてるから頗る見たかった。
だからと云って、初日舞台あいさつ付きは見ないのだけど。

覚えておいた方がいいのかな?7月26日。一応、覚えておいた。
はーっ(監督の口癖のひとつ?)年が違う同じ日(主人公の誕生日だと判る)のコトを順番にやってる!
ジャームッシュの映画『ナイト・オン・ザ・プラネット』が大いに関わっているので、夜のシーンにいろんな想いが溢れ出すが考えるのは見終わってからにする。
尾崎くんが路上で『exダーリン』を歌ってるシーンでラジオ番組「ACTION」が終わるときにその歌を生で歌ったことを思い出して泣いていたひとは私だけではないと想うけど・・・少数派?
そうか、見たひとは皆なにかを思い出す。その辺りに思い出があるひとは。そんな映画。

そんなわけで、『NIGHT ON EARTH(邦題:ナイト・オン・ザ・プラネット)』は公開時にダ~リンと見に行っている。なんで?私はまだジャームッシュ監督の映画は1本も見ていない(出演してる映画は見てたが)1992年。永瀬のファンになるのももう少し後だ。既にカウリスマキ兄弟のファンになっているとか、ダル(溺愛女優)が出てるからだとか、そんな理由?まー、それだけでもいいだろう。ダ~リンに誘われたのかも知れない。ウィノナのせい?うーん…思い出せない。
ともあれ、見た。そして大事なのは、この時に音楽を担当していたトム・ウエイツのCD(サントラ)を買った!!コト。映画が終わってからもずっと引きずっていたかったから。以降、トム・ウエイツのCDは増え続けたが、この時に出会わなかったら彼の音楽がない年月を送っていたのかと想うと・・・
いや、『ダウン・バイ・ロー』はきっと見ることになってたと思う。そしたら、あのエンディング曲でトム・ウエイツが好きになってた筈。(実際、1992年以降に見た♪)
ジャームッシュを知らないわけではなかったが当時、流行っているものを厭う傾向があったのでさいしょの2作を見ていない。(機会がなくて未だに!)東京に出てくる少し前、名古屋辺りで働いてた頃に3作目の『ダウン・バイ・ロー』のポスターを友人宅で見て頗る気になった。見たい!見なくては!
そして、駅からその友人宅にゆく途中にめちゃくちゃ窮屈な螺旋階段がある家があったことなんかも思い出したら、更にいろんなことを思い出す。私が東京に出てきてからも、彼(当時実家が東京にあった)の親友の劇団の芝居を見に行ったり、映画の試写会を見に行ったり、亀戸のヤギにもふたりで会いに行った。なんて仲良しなんでしょう?名古屋では主に彼(デザイン事務所勤務)が依頼したイラストを私が描いていた。そもそもは友人の紹介で彼の映画製作に参加したのがはじまり。(その辺りは拙著にも書いたので)そして、もう10年以上連絡をとってない。つか、とれてない。2010年頃、岐阜に引っ越したと云うメールをもらって暫くそのままにしてたらPCが壊れた!あたらしい住所がわからない!ウチも引っ越したし、共通の友人には訊いてみたけれど返答がなくて…こんどまた訊いてみようかな?
あんまり思い出すと、私が知り得る彼の最新の映画みたいになる気がしてマズイので思い出すのはもうこの辺で(;´∀`)生きてますか?

と云うわけで、『ちょっと思い出しただけ』を見てから劇中の尾崎くんの歌がずっとぐるぐるしていて、そのちょっと前に見た映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』(めちゃめちゃええ!!)の劇中に何度も流れるあの曲もずっとぐるぐる繰り返していて、犬暦を描く気に全然ならなかったと云うのがことの顛末。
種明かしをしたら気が済んだので描きます描きます!作りますーーーっっ(;´∀`)もうちょい待って。


Leave a Reply